N-VANが2018年7月に登場しています。

それ以来、とても人気の車種になっています。

やはり、広々とした空間が人気の理由です。

では、今回はN-VANのロールーフについて紹介していきます。

ロールーフとは

ロールーフというのは様々な場所において活躍してくれる車のことです。

今は駐車スペースなども狭くなってきて、ハイルーフ車では駐車できないということも増えてきました。

そんな時に荷物もたくさん積むことができ、駐車にも困らないロールーフ車の人気が急上昇してきたというわけです。

ロールーフ車として代表的な車は、アクティバンがありました。

N-VANの前のモデルですね。

アクティバンは廃盤になりましたがN-VANがこれからは活躍してくれること間違いなしです。

ハイルーフとは

ハイルーフ車というのは背が高いのでキャンピングカーとしても使用でき、荷物もたくさん積むことが出来ます。

しかし、背が高いですし、とても大きいので駐車スペースに困るということもあります。

今までは商用車としてもハイルーフ車が人気でしたが、ロールーフ車のほうが商用車としても活躍するようになってきました。

ハイルーフとロールーフの比較

ハイルーフ車とロールーフ車にはそれぞれ、メリットとデメリットがあります。

では、それぞれのメリットとデメリットについて紹介していきます。

ハイルーフ車のメリット

・広い室内
・ゴージャス感がある
・たくさんの荷物を詰める

これらのメリットがあります。

やはり、容量が大きいという点がとても大きなメリットでしょう。

ハイルーフ車のデメリット

・駐車スペースに困る
・大きすぎる

この2つのデメリットがあります。

やはり、大きさの面がデメリットになってきます。

たくさんの荷物を積むことは出来ますが大きすぎるので駐車スペースなどに困ってしまうのです。

ロールーフ車のメリット


・楽に駐車できる
・コンパクト
・ファミリーかーとしても使用できる

これらがメリットになります。

コンパクトなので、楽に駐車できますし、ファミリーカーとしても使用することができます。

ロールーフ車のデメリット


・荷物がさほど積めない
・とても大きな荷物は難しい

この2つのデメリットがあります。

ある程度の荷物しか積むことができませんし、とても大きな荷物は積むことができないので多くの荷物を積む場合や大きな荷物を積むことはできません。

N-VANはロールーフだけど

NVANもロールーフ車の仲間に入ります。

しかし、今までのロールーフ車になかった特徴があるのです。

・Nシリーズなので車内空間は広々
・シート配列でより使いやすい
・ビッグ大開口がすごい

Nシリーズは快適空間を実現し、広々とした空間になっています。

また、シート配列も自由自在で助手席を倒して、助手席にも荷物を置くことができるのです。

開口部分は大きくなっているので荷物の積み下ろしもとても楽です。
(出典:HONDA N-VAN)

まとめ

N-VANのロールーフについて紹介してきました。

今はハイルーフ車よりもロールーフ車が人気です。

コンパクトで荷物が積みやすいというのが特徴なためです。

N-VANもロールーフ車なのでオススメです。

ぜひ、参考にしてみてください。
(出典:HONDA N-VAN)

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!