バモスカスタムの定番 フルエアロ仕様

ホンダの軽自動車、バモスはカスタムの素材としても根強い人気があります。

中でもカスタムの定番ともいえるのが外装をフルエアロ仕様にすることでしょう。

ただし、バモスの車体はすでに軽自動車枠いっぱいなので、それを大きくはみだすような外装パーツは装着できないので注意が必要です。

バモスのフルエアロで定番といえばやはりホンダ車のアクセサリーを開発するホンダアクセスがリリースする「Modulo」ブランドのものでしょう。

エアロバンパー(価格62640円)、サイドロアスカート(価格43200円)及びルーフスポイラー(価格37800円)の組み合わせがリリースされています。

フルエアロの価格についてはこの純正品を目安に考えるとよいでしょう。

純正だけあってフィッティングや品質も保証付き、なによりディーラーでも取り付けが可能なのもありがたいですね。

よりスポーティな仕上がりの無限

「無限」といえばホンダ車のレーシングマシンでも有名なブランドで、ホンダ車用の高性能なアフターパーツを多数リリースしています。

その無限から、バモス用のエアロパーツもリリースされています。

スクエアなデザインのバモスをさらに強調するようなエッジの立ったデザインは存在感抜群、「無限」のメタルエンブレム付きのメッシュタイプのグリルで精悍さが際立ちます。

価格は84000円となっています。
(出典:無限Front Aero Bumper)
ただしローダウンモデルに装着すると最低地上高がかなり低くなることから、運転する際には車止めや歩道との段差に注意しましょう。

エブリイワゴンとの比較

性能面でバモスのライバル車といえるスズキエブリイワゴンも、カスタムの素材として数多くのエアロパーツが発売されています。

同じ軽自動車のワンボックスワゴンというカテゴリーに属しますが、バモスはミッドシップ、エブリイワゴンは古典的な運転席下にエンジンを配置して後輪を駆動するFRを採用しています。

バモス、エブリイワゴン両車とも全長は3395㎜、全幅は1475㎜と軽自動車枠いっぱいです。

一方、全高はバモスが1755mmでエブリイワゴンが1895mmと、バモスの方が140㎜も低く、これが両車の印象を異なるものにしています。

エブリイワゴンの方が運転席の着座位置が高く、頭上空間にも余裕があるなど、ユーティリティの面では有利ですが、見た目ではバモスに比べて腰高感があります。
(出典:スズキ エブリイワゴン)
バモスはミッドシップレイアウトを採用して低重心化を図った上にローダウンサスペンションと13インチアルミホイールの採用でより安定感のあるフォルムを実現しています。
(出典:HONDA バモス13インチホイール)
フルエアロを組むのであれば、エブリイワゴンはローダウンサスペンションとも組み合わせて腰高感を抑えるようなデザインのものを、バモスはワイド感を強調するようなデザインのものを選ぶようにするとよいでしょう。

まとめ

バモスはミッドシップレイアウトを採用したユニークなパッケージングが特徴で、外装デザインも非常に個性的です。

単なる四角いデザインではなくエッジを効かせたボディにはエアロパーツがよく似合います。

もっと高性能な車はたくさん存在しますが、バモスならではの個性に魅せられた方も多く、生産中止になった現在も根強い人気があるのも納得ですね。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!