ホンダ N-ONEは発売以来、軽自動車市場において大きな話題を呼び続けています。そんな中、2018年にN-ONEはフルモデルチェンジを迎えます。つまり、大幅に性能や装備が変化するのです。どんなことになるのか、楽しみですよね。

そこで、本記事では、フルモデルチェンジ後のN-ONEについて、エンジン、標準装備、燃費、エクステリア、インテリアなどを部位別に解説します。また、新しく追加されるスポーツモデルについても紹介します。

2018年にフルモデルチェンジ予定のN-ONEとは?

ホンダ N-ONEは2018年にフルモデルチェンジが行われる予定と言われています。具体的な発売時期は、2018年末ではないかという情報が有力です。

具体的な発売情報が出ていないため、価格も確定していません。しかしこちらによると、フルモデルチェンジ後である新型N-ONEの価格帯は以下のように予想されています。
(出典:COBBY N-BXまとめ)
G / FF 123万円 4WD 136万円
G・Lパッケージ / FF 134万円 4WD 147万円
Tourer / FF 149万 4WD 162万
Premium / FF 154万 4WD 167万
Premium Tourer / FF 164万 4WD 178万

N-ONEの最新型はホンダの安全運転支援技術『Honda SENSING』が搭載される予定で、この場合はそれぞれ2万円高くなるそうです。

全体的には、フルモデルチェンジ前のN-ONEと比べて、価格帯が5~7万円ほど高くなるそうです。やはりフルモデルチェンジ後は性能や装備が充実するため、その分コストも高くなるということでしょう。

果たして、フルモデルチェンジ後のN-ONEの性能や装備はどのようなものになると見られているでしょうか。エンジン、標準装備、燃費、エクステリア、インテリアといった部位別に紹介します。

エンジンと燃費

フルモデルチェンジ後のエンジンや燃費はどうなる予定なのでしょうか。

こちらの情報によると、エンジンは NAの最高出力が58PS / 7,300rpm、最大トルクが6.6kgm / 4,800rpm、ターボの場合は最高出力が64PS / 6,000rpm、最大トルクが10.6kgm / 2,600rpmとなるそうです。

また、燃費はNAの場合は約30km/L、ターボは27km/Lと見積もられています。

標準装備において、フルモデルチェンジで追加される特筆すべき要素としては、Honda SENSINGが挙げられます。こちらはホンダ独自の安全運転支援システムで、運転中に他者や人などへの接触を回避するため、急停止や軌道修正など、緊急的な自動コントロールを行います。つまり役割としては、自動車に宿った守り神です。

エクステリアとインテリア

エクステリアとインテリアについても、まだ確定した情報は見られませんが、エクステリアのデザイン(フロントフェイス)が先代と比べて「若干キツイ顔」になると見られています。どうやらライトを細長くして、現代の乗用車によく見られるシャープな顔つきにするとのことです。

さらにインテリアには、最新のタッチパネル式のナビも追加されるとの情報もあります。

(出典:N-ONE フルモデルチェンジ情報)

N-ONE特有の丸々とした愛嬌のあるヘッドライトがもう見られない可能性が高そうです。皆さんはこれに関して、どう考えますか?

そして室内は、フルモデルチェンジによりさらに空間が広まります。現行のN-ONEの室内空間は、長さ/幅/高さでの計測で2,020mm(ディスプレイオーディオ装着車は2,045mm)/1,300mm/1,240mm(LOWDOWN、RSは1,200mm)です。

しかしフルモデルチェンジ後は、これが2,050mm/1,350mm/1,300mmに拡大するそうです。旧型よりも多くの荷物が詰められたり、快適なくつろぎを得たりすることが可能です。

ボディーカラー

フルモデルチェンジにより、ボディーカラーの選択肢も変化するのではと期待するファンも多数いることでしょう。

しかしまだそのボディーカラーについて、確定的な情報はありません。ただ、N-ONEは現行の段階でも、標準グレードのStandardでシングル9色、ツートンで7色と計16色のボディーカラーの選択肢が存在します。

今だけでも充分豊富なカラーリングが揃っていますが、フルモデルチェンジでさらにボディーカラーの選択肢が増加する可能性も充分に考えられます。皆さんとともに期待したいところです。

スポーツモデル

最新型のN-ONEには、スポーツモデルが新しく追加されるそうです。その名も「N-ONEスポーツ」とのことです。最もそれは、現行のLOWDOWNという、立体駐車場に対応するため車高を下げたバージョンを改称したものになるという情報もあります。

スポーツモデルは、車高が従来のN-ONEよりも低いだけでなく、ターボエンジンによりずば抜けた加速性能を発揮するレーシーなモデルとなるそうです。ちなみにこちらには、4WDは設定されないと言われています。

(出典:COBBY N-BXまとめ)
こちらによると、N-ONEスポーツの価格帯はこう予想されています。
G・スポーツ Basic / 127万円
G・スポーツ / 141万円
Premium Tourer / スポーツ / 169万円

まとめ

N-ONEは2018年末にフルモデルチェンジがあると噂されています。また、フルモデルチェンジにより、走行性能や燃費がアップし、ホンダではお馴染みのHonda SENSINGも搭載され、さらにドライバーの関心を強く引ける魅惑的なモデルになると考えられます。

これに加え、N-ONEにはスポーツモデルが追加されるとの情報もあります。従来のN-ONEよりも車高が低く、ターボエンジンに裏打ちされた加速性能があるため、軽自動車としてはトップクラスの走りを体感できると考えられます。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!