ディーラーと車検専門店では車検費用に大きな差が

ホンダN-ONEを購入3年後、そしてそれ以降は2年ごとに受けなければならないのが車検です。

最近ではディーラー以外にも、いわゆる町の民間自動車整備工場が行う工場車検や格安で車検を専門に請け負う車検専門店も増えてきました。

実際に見積もりを取ってみるとディーラー車検よりも安いことが多く、倍近く差がつくこともあります。

この費用の違いはどこから生じるのでしょうか。

ディーラーと工場車検/車検専門店の差は?

車検に当たっては、まず必要な書類を用意しておきましょう。

主に必要なものとしては車検証、自賠責保険書証明書、納税証明書の3つです。

以前は認め印が必要な書類もありましたが、現在はサインで大丈夫なので認め印の持参は不要です。

車検費用の内訳を大きく分けると3つに分けられます。

まず、自賠責保険や重量税といった必ず必要な法定費関係です。

ホンダN−ONEの場合、軽自動車のため自賠責保険料は26,370円、重量税は2,500円と普通車に比べてかなり低くなっています。

ディーラー車検と工場車検及び車検専門店の間で差がつくのは車検代行手数料などの各種手数料関係です。

車検専門店の場合、ディーラーよりも数をこなすことで費用を低く抑えるなどの工夫を行なっています。

差がつくのは整備費用

ディーラーでは安全性を重視して比較的早めに部品交換を交換する傾向がみられます。

一方、工場車検や車検専門店の場合には、まずは車検に合格することを基準にすることから、部品交換は最小限です。

不安だからとあれもこれも整備や部品交換を行なっているとディーラー車検との差はなくなっていきます。

ユーザー車検はお得に見えるが…

自分で陸運支局に持ち込んで車検を行うユーザー車検にトライする方も増えてきました。

車検の手続き自体は、実はそれほど難しいものではなく、規定の書類を作成し、陸運支局に予約を入れて車を持ち込んで検査を受けるだけです。

事前に準備するものはディーラーなどと同様に車検証、自賠責保険書証明書、納税証明書で、認め印が不要な点も同じ、他に特別な書類などはありません。

自賠責保険書証明書については、以前のものと今回新しく継続したものの2枚が必要となります。

また、納税証明書については、自動車税を滞納しておらず、自動車税を納付してから3週間が経過しているのであれば、不要となります。

自動車検査票や継続検査申請書など当日、現地の陸運局で記入する用紙もありますが、車の車検証と記入例を見ながら記入すればさほど難しくはないでしょう。

継続検査申請書には認め印が必要でしたが、現在はサインで大丈夫です。

順調に進めば半日もかからずに終了します。

しかし、ここで問題になるのが法定24か月点検です。

通常は車検と同時に行うことから、混同しがちですが、法定24か月点検自体は車検後、別に受けても構いません。

点検自体は自動車整備の知識があれば自分で行うことも可能ですが、そうでない場合にはディーラーなり専門業者に依頼することになります。

しかし、24カ月点検だけを行うのは利益が少ないことから、やってくれる業者を見つけるのは一苦労です。

安易な気持ちで取り組むのではなく、ユーザー車検を行うならまずは24か月月点検だけを請け負う業者をあらかじめ確保しておくようにしましょう。
(出典:HONDA N-ONE)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ディーラー車検にせよ、車検専門店に依頼するにせよ、必ず複数の業者に見積もりを取ることが重要です。

その際、疑問点などがあればしっかり確認しておくことが大事です。

そうすることで、自分の使い方ならこの部品は次の車検で交換しても大丈夫、といった見極めもできるようになるでしょう。
(出典:HONDA N-ONE)

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!