まるで自分の部屋のようなデザイン

ホンダN-ONEにはStandard、Select、PremiumRSという4種類のグレードが用意されていますが、室内の基本デザインは共通で、色や素材で変化をつけています。

Standardはモカブラウンの色調で統一された、ちょっと車っぽくない無印良品の雑貨のようなかわいいテイストも感じられます。

まるで自分の部屋のようなデザインで、色調でくつろぎややすらぎが感じられる仕上がりとなっています。

Selectはやさしく重厚感あるブラウンを基調にしたデザインで上質感を高めており、かわいいというよりもクラスを超えた高級感が感じられます。

Premiumはブラックがテーマカラーです。

本革巻きのステアリングも採用され、シックで重厚感のある仕上がりが特徴です。

これら3種類のリビング感覚のやすらぎデザインに対し、もっともスポーティなRSではシルバーを加え、レッドをステアリングホイールなどにワンポイントで使用することでスポーティームードをさらに強調しています。

上質感あふれるプライムスムース・コンビシート

N-ONEは4種類のインテリアに対して、それぞれのテーマにフィットしたシートを用意しています。

Standardのみファブリックでくつろぎを感じさせる仕上りで、軽自動車っぽくない印象があります。
(出典:standard モカ コンビシート)
その他の3種類はすべてファブリックを組み合わせたプライムスムース・コンビシートとなっています。

プライムスムースは本革ではなく人口皮革ですが、その上質な仕上がりは決して本革に劣るものではありません。
(出典:プpremium コンビシート)
Selectはメイプルブラウンのコンビシートを採用、自宅のリビングルームにおいてあっても違和感がないような仕上がりです。
(出典:Select メイプルブラウン コンビシート)
Premiumはブラック基調ですが、グレーを織り込んだジャージ素材のファブリックを組みあわせることで、圧迫感をなくしています。

RSグレードではスポーティーカーの文法に則った赤色のステッチがほどこされ、スポーティムードが高められています。
(出典:RS コンビシート)

インパネもそれぞれ特徴あり

N-ONEでは基本のデザインは共通ですが、インパネのカラーをそれぞれの仕様に合わせて用意しています。

Standardは樹脂製のシンプルなインパネですが、やすっぽさは皆無でおしゃれな家具のようなテイストがあります。

ちょっとものたらない、という方にはアイボリーカラーを加えたステアリングホイールも用意されています。

Selectでは木目調パネルが採用されますが、デザインは重厚感を感じさせるメープルウッド調となっています。

PremiumもSelect同様、木目調パネルですが、カラーはブラックウッド調でスポーティな仕上がりとなっています。

SelectもPremiumもインパネだけではなくドアパネルにも同様の木目が採用され、トータルでイメージアップが図られています。
(出典:RS インテリアパネル)

まとめ

ホンダN-ONEのインテリアですが、テーマは「タイムレスデザイン」、つまり時代に風化しないやすらぎのデザインだったそうです。

そのテーマのとおり、奇をてらわずシンプルで軽自動車っぽくないデザインで、マテリアルを厳選することで品質感を向上させています。

軽自動車のインテリアには、かわいいを強調するあまり安っぽくなってしまったり、その反対に高級感を強調することで圧迫感を感じさせるものも見受けられます。

そんな中にあって、N-ONEのシンプルでリビングや自分の部屋のようなデザインをみるとほっとした気分にさせられますね。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!