マフラー交換はカスタムの基本

マフラーの交換は比較的作業も難しくないことから、昔からカスタムの定番でした。

大口径のマフラーはスポーティさの象徴だった時代もありました。

しかし最近の市販車ではエキゾーストパイプを見せないすっきりしたデザインが主流となっており、ホンダN−ONEもその例外ではありません。

N-ONEのノーマルマフラーのようにエキゾーストパイプが見えないとすっきりしたイメージにはなりますが、やや迫力やスポーティさに欠けてしまうのも事実です。

また排気音も大人しめに抑えられているので、爆音は論外としても、もう少し迫力あるサウンドが欲しい、という方もいらっしゃるでしょう。

マフラーを交換するメリットは?

マフラー交換のメリットは運動性能の向上、といいたいところですが、現代の自動車の設計は非常に複雑化しており、単にマフラーを交換しただけで簡単に運動性能が向上すると考えるのは早計です。

特性を高速側に寄せると低速トルクが弱くなり、例えば街中を走行するような場合にはパワーダウンしたような印象を受けてしまうでしょう。

そう考えるとノーマルマフラーはコストも含めて非常にバランスがとれているといえます。

やはりマフラー交換の最大のメリットは迫力ある排気音とスポーティなルックスということになるでしょう。

デュアルマフラーやセンター2本出しタイプなどさまざま

大口径のエキゾーストパイプを採用したマフラーは見た目も排気音も迫力がありますが、大口径過ぎると逆に抜けが良すぎて低速トルクが痩せてしまう傾向があるので注意が必要です。

N−ONEの市販マフラーはセンター2本出し、1本出し、左右デュアルマフラーなどさまざまな製品がリリースされています。

もちろん細かく見ればデュアルマフラーとセンター2本出し、1本出しでは出力特性も微妙に変わりますが、サウンド面の変化による感覚的な部分も大きく、実際にどこまで体感できるかは難しいでしょう。

どの形式でも性能面で大きな差がつくわけではないのであれば、エアロパーツなどの兼ね合いやデザイン面での好みである程度決めるのも、あながち間違いとはいえません。
(出典:楽天オートクラフト マフラー)

まとめ

実はN−ONEのノーマルマフラーはルックスのスポーティさには欠けるものの充分な性能でよく考えられた設計になっています。

スペースに余裕のない軽自動車で、さらにセンタータンクレイアウトを採用しており、フロア下はまるでパズルのようにパーツがレイアウトされており、その中で排気効率を向上させるためにすっきりとマフラーをレイアウトしたところに開発者の苦労がしのばれます。

マフラーをカスタムするだけで簡単に運動性能が向上するわけではありませんが、マフラー交換することであらためてノーマルマフラーとのテイストの違いを楽しんでみるのも面白いのではないでしょうか。
(出典:楽天car wit)