N−VANの発売年月日は2018年7月13日!

先代モデルにあたるアクティ/バモスの登場以来、なんと19年振りにホンダの貨物仕様のバンがこの夏、発売されます。

その名は「N−VAN」。

N−VANの発売年月日は2018年7月13日の予定で、名前から分かるようにベースはN−BOXで、基本性能は準じています。

ラインナップはビジネスユースの「G」(予定価格:1,267,920円)と「L」(予定価格:1,341,360円)、個人ユーザー向けの「+style FUN」(予定価格:1,560,600円)、「+style COOL」(予定価格:1,560,600円)の4グレードでいずれもエンジンはNAに加えてターボ(108,000円高(予定))が、駆動方式では全タイプに4WDを用意されています。

N−VANならさらに遊べる!

N−VANの最大の特徴は、助手席側がBピラーレス仕様になっているところでしょう。

助手席側の前後ドアを開ければ驚くほど長く広い開口部が出現します。

軽乗用車ではダイハツタントがすでに装備していますが、軽貨物車では初めてとなります。

さらに後席だけでなく、標準装備として床下にフラットに格納される助手席も特徴で、長尺ものもOKな空間が簡単な操作で出現するのもウリです。

もちろんビジネスユースの使い勝手を考えての装備ですが、アウトドア好きの方なら、どんな風に使おうかワクワクするような設計ではないでしょうか。

自転車やサーフィンを趣味にしている方は、かなりそそられる仕様になっていると個人的には思います。
(出典:HONDA N−VAN)

ホンダセンシングを全タイプ標準装備

N−VANはN−BOX同様、ホンダセンシングを全タイプに標準装備したことも特徴です。

ホンダセンシングはレーダーとカメラを組み合わせ、 緊急自動ブレーキや歩行者事故低減ステアリングなどの先進的な機能で安全運転支援を行います。

商用車ではコストの関係から後回しにされがちですが、走行時間や距離も長い商用車こそ、本来は安全性能を向上させるべきではないでしょうか。
(出典:HONDA N−VAN ホンダセンシング)

まとめ

N-VANの発売に向けてwebの専用サイトも開設され、発売年月日も7月13日の予定となるなど、さまざまな形で情報発信が始まりました。

もっとN−VANについて性能や使い勝手についてもっと詳しく知りたい!と思ったらお近くのディーラーをのぞいてみることをお勧めします。

納期や細かな仕様、ライバル車との比較など、レアな情報もゲットできるかもしれません。

最近はやりの軽キャンパーのベースとしても面白い存在ですね。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!