N−BOXは14色のボディカラーを用意

ホンダN−BOXはベストセラーカーだけあって豊富なカラーバリエーションを用意しています。

全車共通カラーとしてプレミアムホワイトパール2を始め4種類、標準車専用カラーとして6種類、そしてカスタム専用のカラーが4種類全14色がラインナップされています。

さらにツートン仕様も標準車で4色、カスタムではで選べるので選択の幅が広がりますね。

ブルー系のカラーとしては共通カラーとして鮮やかなブリリアントスポーティブルーメタリックと標準車専用カラーの柔らかなモーニングミストブルーメタリックの2種類となっています。

カラーによって価格も変わる

N−BOXはオプションとして価格が高くなるカラーもあります。

たとえば人気ナンバーワンのプレミアムホワイトパール2ですが、価格は32,400円高となっています。

ブルー系はといえば、2色とも追加費用は不要となっているのでブルーのN−BOXの購入を検討している方にはありがたいですね。

なお、共通カラーのブリリアントスポーティブルーメタリックはルーフをブラックにしたツートンカラー仕様も選べますが、カスタムのみのオプションとなっているので要注意です。

他にカスタムでツートンを選べるのは、クリスタルブラックパール、プレミアムホワイトパール2及びプレミアムグラマラスブロンズパール3色です。

なお、ツートン仕様を選んだ場合、価格は59,400円もしくは81,000円高となります。

純正オプションでインテリアもブルーでコーディネート

ホンダ車の純正アクセサリーを専門に開発しているホンダアクセスではN−BOXのオプションも多数リリースしています。

ボディカラーでブルーを選んだなら、インテリアもブルーのアイテムをチョイスしてコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

N−BOX用には柔らかなブルーと温かみのあるイエローを使った北欧スタイルコレクションも用意されています。

特にスカイブルーがさわやかなシートカバー(価格:29,160円)は室内のイメチェンには最適のアイテムです。
(出典:シートカバー(スカイブルー))
またお手頃なところでは、シリコン製のキーカバー(価格:1,404円)はいかがでしょうか。

全6色が用意されており、カジュアルブルーを選べば、とリモコンキー自体のカラーであるブラックと相まってツートン仕様になります。

いつも持ち歩くキーだからこそ、ちょっとカラーにこだわってみるのもよいのではないでしょうか。
small>(出典:シリコン製のキーカバー)

まとめ

N−BOXのボディカラーですが、人気という面ではやはりホワイトとブラックが鉄板で下取の面でもブルーを始めほかのカラーよりも有利です。

とはいえブルー系はイエローほど人を選ぶカラーではないことから、値落ちをそれほど心配する必要はなさそうです。
(出典:N−BOXブリリアントスポーティブルーメタリック)