ホンダN-BOXのグレード展開は?

2017年9月にフルモデルチェンジを行ったホンダN-BOX。

モデル末期でも販売台数で軽首位を独走してきた初代を受け継ぎ、二代目でもベストセラー街道をひた走っています。

新型ホンダN-BOXのグレード展開ですが、まず標準車とスポーティな内外装のカスタムの2種類に分けられます。

さらにいずれのモデルでもエンジンはNA(自然吸気車)とターボの2種類から選べるようになっています。

標準車のグレードはNAがG、G・L及びG・EXの3種類、ターボがG・LターボとG・EXターボの2種類で合計5グレードが用意されています。

カスタムのグレードはNA車がカスタムG・L及びカスタムG・EXの2種類、ターボがカスタムG・Lターボ及びカスタムG・EXターボの2種類、合計4グレードとなります。

装備の差ですが、標準車GとG・Lの違いで大きいのはリアのパワースライドドアがGだとオプションでも装備できない点で、装備差は105,000となっています。

またG・EXでは助手席スーパースライドシートとサイド/カーテンエアバッグシステムが標準装備となり、価格はG・Lと比較して90,000円高となります。

同じG・Lグレードで比較するとカスタムは外装以外にサイド/カーテンエアバッグシステムと14インチアルミホイール(標準車はスチールホイール)が標準となりスピーカーも4スピーカーから8スピーカーにグレードアップして、価格差は185,000円です。

NA車とターボの違いは?

標準車のNA車とターボG・Lグレードで比較するとターボは182,000円高となりますが、装備面ではリア右側がパワースライドドアが標準となるので、純粋にターボによる価格上昇分は10万円程度となります。

フルモデルチェンジ前のN-BOXは車体も新型より重めでNAではやや非力な印象がありましたが、口コミを見る限り新型ではNA車であっても普段使いでは十分な動力性能を得ているようです。

常にフル乗車で荷物満載、といった使い方であれば別ですが、通常の使い方であればNA車で十分かもしれません。

旧型の中古車価格を見てみると特段ターボだからといってリセールバリューが新車時の価格さ以上に高くなるわけではありません。

よほど走りにこだわるのでなければ、ターボとの価格差の分を快適な装備などに回した方がよいかもしれません。

N-BOXの人気グレードは?

N-BOXの人気グレードをチェックすると1位がG・L、2位がG・Lカスタム、3位がGとNA車が上位を占め、ターボは全体の約1割程度にとどまっているようです。

G・L及びG・Lカスタムは価格と装備のバランスがとれたおすすめのグレードで人気があるのも納得です。

フルモデルチェンジして安全装備のホンダセンシングも全グレード標準装備となったことから、おすすめのG・L及びG・Lカスタムにサイド/カーテンエアバッグとナビさえ追加すれば、装備面でまず不満は出ないでしょう。

なお、軽自動車は一般的に普通車よりもリセールバリューが高い傾向にありますが、その中でも特にN-BOXは高いリセールバリューを維持しています。

手放す時のリセールバリューもある程度期待できそうなので、結果的には十分リーズナブルな価格といえるのではないでしょうか。
(出典:N-BOX G・L Honda SENSING)

まとめ

新型N-BOXの人気グレードをみていくと、非常にスマートな車選びをしている方が多い印象を受けます。

高級セダンであれば、とにかく「一番高いグレードを」といった傾向が強いでしょうが、N-BOXの場合、一つ一つの装備をしっかりチェックしてグレードを選び、必要な装備があれば追加する、というユーザーが多いのではないでしょうか。
(出典:HONDA N-BOX)

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!