ホンダ S660には、従来の軽自動車としての常識を覆す装備の豊富さや美しいデザインに恵まれ、発売当初から大きな話題を呼んでいます。

そこで皆さんは、S660のライトについて気になりませんか? 自動車にはフォグライトがあるのですが、S660の場合は、これがLEDなのです。

しかし、自動車に関心がある方たちの中には、フォグライトの意味についてよく分からなかったり、LEDなら他のライトとどう違うのかが気になったりする方もいるでしょう。

そこで今回は、S660に採用されているフォグライトについて解説します。

フォグライトとは何か?

まず、フォグライトそのものの意味について解説します。フォグライトとは、fog(霧)で視界が悪い時に点灯させる緊急用のライトです。すなわち、視界不良時の運転をサポートするには、フォグライトが必要不可欠なのです。

それでは、S660のフォグライトの実物の画像を以下に紹介します。
(出典:https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/parts/000/008/259/121/8259121/p1.jpg?ct=878e521a84d5)

車体前方の下部にある黄色いものが、フォグライトです。霧の中なら、普通にライトを点ければいいとイメージする方も多いでしょうが、実は通常のライトは霧に反射して、逆に前が見えなくなり危険です。

特にハイビームのヘッドライトを使用した場合、高輝度な光により霧を見通せるどころか、霧の中で灯りが乱反射してしまいます。イメージに反して、かえって視界が大きく遮られてしまうリスクがあります。

霧による視界不良を防ぐためには、専用設計を受けたフォグランプを使うことをおすすめします。少しでも霧が出始めた時には、ヘッドライトは使わず、即フォグライトを点けましょう。

夜間の場合は、ロービームのヘッドライトを併用しましょう。

少しの霧なら、以上の方法で充分ですが、濃霧の場合、走行自体が危険になりますので、最寄りの安全な場所を見つけるまではフォグランプとロービームによるサポートで凌ぎ、見つけたら即座にその場所に停車しましょう。

フォグランプにおけるクリアとイエローの違いは?

フォグランプには、クリアとイエローの二種類が存在することをご存知でしょうか? S660にも、ホンダの純正オプションとして、クリアとイエローの二種類のフォグライトが用意されています。
(出典:HONDA S660 LEDフォグライト(12W〈片側〉/左右セット))

以下において、クリアとイエローの違いについて解説します。S660の購入を検討し、純正オプションの装備も考えている方にとっては、是非参考にして頂きたいです。

クリアの場合は、基本的には白と考えて頂いて大丈夫です。クリアは単純に、霧の中でも、光の届く範囲なら普通に限りなく近い状態で、前方を見通せる効果があります。つまり、いつも通りに近い視認性を得ることができます。

イエローの場合は、確かに色つきである分、S660のビジュアルに対し、さらなるかっこいい要素が加わります。モータースポーツでも、耐久レースにおける夜間走行時は白よりも青や黄色いライトも目につくため、イエローのライトはレーシー(racey、レーシングカーっぽい)イメージも思わせるでしょう。

しかし、クリアと違い、照らした物体を色移りさせてしまうため、色による物の判別の差が起きづらい難点はあります。

かっこいい、レーシーなイメージに仕上げるドレスアップ目的でフォグライトにイエローを選ぶ方もいると考えられますが、ここには注意しなければなりません。

しかし、イエローはクリアよりも波長が長いです。そのため、霧に加えて、雨が降って路面が濡れている場合は、イエローの方が視認性を広く確保できます。

雨により濡れた路面に光を当てると、水面に乱反射する場合がありますが、イエローの場合は、水をスムーズに通し、乱反射を抑えながら視界を確保することができるのです。

つまり、フォグライトのイエローは、ただのレーシーなドレスアップにとどまらず、クリアにはない性能の強みがあると言えます。

LEDフォグライトのメリットについて紹介!

それでは、S660に装備されているLEDフォグライトのメリットについて紹介します。

同じフォグライトでも、LEDの場合は省エネ効果があり、バッテリーへの負担も小さいです。また、従来のハロゲンやHIDのライトよりも寿命が長いです。一般的に、ハロゲンの場合は約3年、HIDが約5年であるのに対し、LEDは約15年もあると言われています。

さらにLEDはハロゲンと比べて、高輝度の光を放ちます。HIDとLEDでは同レベルと言われています。

高性能かつ長寿命という究極強みを持ったLEDフォグライトが装備されたS660は、悪条件の運転にも強いと言えます。

まとめ

S660はLEDフォグライトが装備されており、これのサポートにより、霧の中のような視界の悪い場所も高輝度な照射により視認性を確保することができます。さらに、省エネかつ長寿命であり、しばらく交換の心配がないのも強みです。

また、パターンはクリアとイエローの二つがありますが、イエローの方が、水に濡れた路面での走行時も、きれいに前方を照らせる効果があります。霧が出ている場所は、雨を伴う時も多いため、イエローの方が比較的便利ではないかと考えられます。

純正オプションによる選択の際、正統派のクリアか、かっこいいドレスアップ目的のイエローかで、好みが分かれることも考えられますが、筆者としては、イエローが比較的おすすめであると考えられます。