フィールダーとシャトルではどのような違いがあるのでしょうか?

車を購入する時にこの車種とこの車種で迷っているというときもあることでしょう。

フィールダーとシャトルも比較の対象になりますよね。

では、今回はフィールダーとシャトルについて比較して紹介していきます。

コストの違いについて

まずはコストについての比較です。

購入金額や実燃費の違いはどのようになっているのか?について紹介していきます。

シャトルは大体、ハイブリッド車であれば、208万円~購入することが出来ます。

ガソリン車は177万円~購入することが出来ます。

一方のフィールダーはハイブリッド車で250万円ほどで購入することができ、ガソリン車は220万円~購入することが可能です。

価格を見るとシャトルのほうが安く購入することが出来ます。

実燃費で見てみると、シャトルは平均して21.29km/L、フィールダーは平均して14.13km/Lと低めになっています。

これだけ比較しても明らかに価格面や燃費面でフィットのほうがいいというのはわかります。

移住空間の広さについて

次は移住空間についてです。

前の席と後ろの席と足元や天井の広さはどのようになっているのか?について紹介していきます。

前の席の足元はどちらの車種も同じ感じかな?といった感じです。

後ろの席の足元であれば、どちらかというとシャトルのほうが広く、前の座席との間を図ると10センチほども違います。

頭上も同じく、シャトルのほうが10センチも高めになっているので大人が乗っても余裕な空間です。
(出典:カローラフィールダー)

トランクの広さについて

トランクの広さというのは重要になってきます。

遠出をよくするという人や子どもがいるという人は荷物も多くなりますよね。

では、トランクの広さについて紹介していきます。

トランクの広さとしてはあまり大差ありませんが座席を自由に変化させることができるというのがシャトルにメリットがあります。

シャトルは燃料タンクを下にしているので荷台に詰める容量が多めになっています。

なので、子どもがいたり、遠出をたくさんして荷物を積むという場合はシャトルがオススメです。
(出典:シャトル 荷室)

運転のしやすさ

操縦性についても大切です。

運転がしやすくないので運転したくなくなりますよね。

では、操縦性のしやすさについて紹介していきます。

シャトルはハイブリッドもガソリンもどちらもノーマルエンジンなので回転性が良く、扱いやすくなっています。

一方でフィールダーは反応が鈍く、回転性が少し違和感があるかな?といった感じです。

デザインの質感

デザインの質感ではどちらが優れているのでしょうか?

質感について紹介していきます。

質感についてはどちらも似ているかな?といった感じです。

グレードをアップさせると本革シートになり、インパネも最新式の技術を用いているので互角かな
かな?といった印象を与えます。

オプションのラインナップについて

オプションのラインナップについてです。

どのようなオプションがそれぞれあるのか?について紹介していきます。

だいたい同じような感じです。

エアロのオプションやナビなどがあります。

特にこれといった特別オプションというのはありません。

まとめ

フィールダーとシャトルを比較して紹介してきました。

価格や燃費、運転性能などで見てみると明らかにシャトルのほうが性能が良くなっています。

しかし、フィールダーは質感やオプションなどを比較していくと互角かな?といった印象です。

シャトルのほうがお得感がありますね。

ぜひ、参考にしてみてください。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!