ステップワゴンにも種類があります。

また、マイナーチェンジをしたことによって、いくつか変更されたところもあります。

ハイブリッドも新システムがが搭載されました。

では、今回はステップワゴンのマイナーチェンジをした後について紹介していきます。

ステップワゴンのタイプ

ステップワゴンのタイプには2種類あります。

ステップワゴンステップワゴンスパーダーです。

ステップワゴンとスパーダーを比較すると、スパーダーのほうがカスタムされたものになっています。

また、パドルシフトがスパーダーについています。

なので、パワーもありますし高速でもスムーズに運転することが出来ます。

マイナーチェンジをした時の変更点

2017年9月にステップワゴンはマイナーチェンジを行ないました。

その時にどのような点が変更されたのか?について紹介していきます。

・スパーダーに2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」搭載
・スパーダーのヘッドライトをLEDライトに
・スパーダーのテールゲートスポイラーを空力に考慮した形状に変更
・スパーダーのハイブリッドに専用チューニングサスペンションと、さらに上級グレードにはパフォーマンスダンパーを採用
・Honda SENSINGの技術を新搭載

新型に搭載されたハイブリッドシステムについて

新型には新しいハイブリッドシステムが搭載されました。

そのハイブリッドシステムは「SPORT HYBRID i-MMD」です。

「SPORT HYBRID i-MMD」というのは

・2モーター
・2.0 L アトキンソンサイクル DOHC i-VTECエンジン
・電動サーボブレーキシステム
・PCU〈パワーコントロールユニット〉
・エンジン直結クラッチ
・IPU〈インテリジェントパワーユニット〉

このような新システムが搭載されています。

パワーがありつつ、低燃費というのを実現してくれたハイブリッドシステムです。
(出典:SPORT HYBRID i-MMD)

まとめ

ステップワゴンのマイナーチェンジについて紹介してきました。

ステップワゴンは2017年にマイナーチェンジしています。

そして、エンジン自体が変更されています。

また、その他の新機能もついています。

ぜひ、参考にしてみてください。
(出典:SPADA HYBRID G・EX Honda SENSING)