ワイパーは欠かせないものです。

夏でも冬でも大活躍します。

そんなワイパーも消耗品です。

では、今回はヴェゼルのワイパーについて紹介していきます。

ワイパーの種類

まずはワイパーの種類についてです。

ワイパーにはどのような種類があるのか?について紹介していきます。

・スタンダードワイパー
・撥水ワイパー
・グラファイトワイパー
・雪用ワイパー

スタンダードワイパーは一番メジャーなワイパーです。

ほとんどの人がこれをつけています。

撥水ワイパーというのは水を撥水してくれるので梅雨の時期にとても適しています。

グラファイトワイパーはガラスコーティング剤の撥水効果を発揮してくれるのワイパーになっています

雪用ワイパーは雪国ではよく、使用されていますが雪の降らない地域ではスタンダードワイパーの使用がメインになります。

ワイパーの交換時期

そんなワイパーですが消耗品なので交換しなくてはなりません。

その交換時期について紹介していきます。

ワイパー本体を交換するということはほとんどありません。

交換する場合は錆びているときなどです。

一方のゴムですがゴムは割れてしまったり、避けると役目を果たさなくなります。

なので、その時は交換したり、雪の時期なども雪用ワイパーに交換しましょう。
(出典:HONDA純正アクセサリーワイパー)

ヴェゼルのワイパーは?

ヴェゼルのワイパーはどのようになっているのでしょうか?

ヴェゼルのワイパーについて紹介していきます。

ヴェゼルのワイパーはディーラーで購入することも出来ますし、カー用品店でも購入出来ます。

もちろん、雪用ワイパーもありますし、その他のワイパーも種類があります。

なので、ワイパーを季節によって交換するようにしましょう。

ワイパーを長持ちさせるには?

ワイパーを長持ちさせるられたらラッキーですよね。

そのワイパーの長持ちさせる方法について紹介していきます。

・駐車時は立てておく
・屋根付きの駐車スペースに停める
・ホンダの定期点検で確認してもらう

最近の車はワイパーを立てられるものが少なくなっています。

しかし、立てられるものは立てておいた方がワイパーを錆びさせることもないのでオススメです。

また、屋根付きの駐車スペースに止めておいたほうが野ざらしにしておくよりも雨風に打たれずに済むので長持ちさせることが出来ます。

ワイパーは無料の定期点検で見てもらうことができます。

なので、ホンダの定期点検で見てもらいましょう。

まとめ

ヴェゼルのワイパーについて紹介してきました。

ワイパーは消耗品なので適切な時期に交換しましょう。

また、時期にあったものを取り付けましょう。

長持ちさせる方法も試してみてください。

ぜひ、参考にしてみてください。
(出典:HONDA VEZEL)