ホンダ・シャトルに限った話ではありませんが、中古自動車を購入する際は金額に気をつけて下さい。車両本体価格と支払総額を載せているホームページもありますが、車両本体価格だけしか載せてない場合もあります。この場合いざ自動車を購入するときになって、予算以上の金額になって困ることになります。

それでは、予算別に中古のシャトルを分析していきます。予算は支払総額をベースにします。購入資金160万円,200万円,250万円の3つで考察していきます。

購入資金が160万円の場合

年式は先代の2015年製を選ぶことになります。走行距離はおよそ2万キロからになります。ガソリン仕様車のグレードは1種類しかラインナップされていないので、選択の余地はありません。

走行距離やオプションを見て決めましょう。ハイブリッドモデルはベースのHYBRID、次にXとその上級グレードのZが用意されています。予算が160万円の場合だと、上級グレードのZの購入は現在では難しいでしょう。

ガソリン仕様車かハイブリッドのベースモデルかXから選ぶことになります。

購入資金が200万円の場合

運が良ければ最上級グレードも購入できるかもしれません。年式も高年式の自動車を買うこともできます。走行距離も約2万キロ以下の車体が多いです。

しかも、車体色の選択肢が増えてきます。160万円台だとホワイトやシルバー系の色が多いです。200万円購入の予算を用意できるならば、ブルー系などの原色系の車体色も選択肢に入れることができるようになります。

購入予算が250万円用意出来る場合

250万円を購入資金に充てられるなら、現行型も選択肢に入れることが出来ます。先進安全装備のHonda SENSING搭載のグレードも購入することが可能です。走行距離も少ない車体が多いです。

試乗車だったものなどが販売されている場合があります。購入資金が250万円もあれば車体色も内装デザインなど好みに合った車体を選べます。

他と比較してシャトルはどうか

4wdとしての本領を発揮するのはやはり雪道です。降雪が多い地域の場合は、4wdを選択することをオススメします。ホンダ・シャトルは5ナンバーステーションワゴンのハイブリッド車としては、初めてになる「ビスカスカップリング式4WD」のシステムを搭載しています。

このシャトル・ハイブリッドは発進時から頼もしい働きをしてくれます。前輪が空転するとすぐに後輪へ駆動力が伝わるので車体全体が後押しされることになります。さらに後輪へは、前輪が完全に空転した際に最大で50%程度の駆動力が配分されるようになっています。

シャトルのライバル車

カローラフィールダーも4wdの設定があります。カローラフィールダーに採用されている4WDシステムは、「アクティブトルクコントロール4WD」と呼ばれる電子制御式アクティブオンデマンド型4WDシステムが採用されています。フルタイム4WDシステムと比べると、センターデファレンシャルが不要なので小型・軽量化が図れるメリットがあります。

さらに燃費の面でも有利になります。プリウスアルファにも4wdの設定があります。プリウスアルファの4wdシステムはHV4WD(E-Four)と呼ばれる方式をとっています。

HV4WD(E-Four)は、普段の運転のなかで走行状態に応じて前輪駆動走行から4輪駆動走行へと、自動的に制御するシステムです。加速時や雪道などの滑りやすい路面で、スムーズに4輪駆動走行へ切り替えることで発進性・走行安定性をアシストしてくれます。コーナリング時には車両の状態に合わせて前後へのトルク配分を最適化し、優れた操縦安定性をもたらしてくれます。

中古で買うならハイブリッドXもしくはZ

ホンダ・シャトルを買うならハイブリッドXかZを買うようにしましょう。価格の相場は
160万円から200万円の間です。なぜXとZのグレードをオススメするのかには主に2つの理由があります。
(出典:HONDA SHUTTLEハイブリッドX)
1つめは中古自動車でも比較的程度の良い車体が多いことです。シャトルは5ナンバーとしては積載能力が高いのが特徴です。趣味の移動手段としては優秀なのは間違いありませんが、後部ドアがスライドドアではありません。

特に子育て世代にはスライドドアが必須と言えます。なので、結婚し子供が生まれた場合にスライドドアがあるオデッセイ、ステップワゴンへ乗り換える傾向が強いと判断できます。結果としてシャトルが所有・使用される期間は短く状態の良いまま中古車市場に出回るのです。

2つめの理由として、現行型と比較した場合に中古のシャトル・ハイブリッドと大差がないことが挙げられます。現行型の最大の特徴は先進安全装備のHonda SENSINGです。この点だけを妥協すれば他の装備については大差がないため、中古車のほうが断然お得なのです。

中古車で購入した人のレビューを見ると外観が気に入って購入した意見が多くあります。またハイブリッドの静粛性に満足している声も多数です。室内空間の広さも好評で、車中泊をして楽しんでいる人もいるようです。
(出典:HONDA SHUTTLEハイブリッドZ)

ホンダ・シャトルは中古で購入すべき

中古でシャトルを購入する場合について様々な点から考察しました。結果としてHonda SENSINGがなくてもいいなら断然中古車で買うのがお得だとわかっていただけたと思います。またライバル車のカローラフィールダーは社用車代わりに利用されることも多く酷使された車体があるのも事実です。

ならば、車両状態が良いシャトルを購入することをオススメします。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!