マイナーチェンジ後の新型シャトルの変更点

2017年9月に実施されたシャトルのマイナーチェンジでは大きな外装の変更は行われませんでした。強いてあげるならばフォグライトをLED化したことです。燃費もわずかながら向上しています。

ガソリン仕様車については21.8km/Lから22.0km/Lへなりました。ハイブリッドモデルの中級グレードHYBRID Xは、32.0km/Lから32.4km/Lへと低燃費化しています。今回のマイナーチェンジで一番の変更点は安全運転支援システムの「Honda SENSING」を全グレードに標準装備したことです。これを機にグレード名称をガソリン仕様は「G・Honda SENSING」へと変更しました。

ハイブリッド仕様モデルは「HYBRID・Honda SENSING」、「HYBRID X・Honda SENSING」、「HYBRID Z・Honda SENSING」にそれぞれ名称を変更しました。

シャトルの価格・性能について

ホンダ・シャトルの全国メーカー希望小売価格を確認します。シャトルはガソリン仕様とハイブリッド仕様がラインナップされています。グレードはガソリン仕様がG Honda SENSINGしかありません。

ハイブリッド仕様はスタンダードモデルのHYBRID,快適装備が充実したHYBRID X,最上級モデルのHYBRID Zとなっています。それぞれのグレード別全国メーカー希望小売価格は下記のとおりです。

○HYBRID
FF 2,080,080円
4WD 2,274,480円

○HYBRID X
FF   2,310,120円
4WD  2,504,520円

○HYBRID Z
FF   2,469,960円
4WD  2,631,960円

○G(※ガソリン仕様)
FF 1,770,120円
4WD 1,964,520円

グレードごとの違いはホンダ公式ホームページにある装備差早わかり表を参照するといいです。ベースグレードからグレードが上がるにつれて、オプションが豊富になっていきます。このオプションの違いが価格面へと反映されています。

HYBRIDからHYBRID Xになった場合はステンレス製スポーツペダルになることが特徴の一つと言えます。加速性能や運転性能に直結する違いではありませんが、運転席へ乗り込んだ際に足元のペダルがステンレス製だと良いアクセントになります。また運転席と助手席へシートヒターが装着されます。

寒冷地に住んでいる方々は4WDを選択するのと合わせて、装着しておきたいです。HYBRID Xと最上級グレードHYBRID Zの違いはHYBRID Xの装備に加えてさらに豪華になります。まずハンドルが本革巻ステアリングホイールとなります。

上質感あふれるステアリングホイールは自動車を操る喜びを増長させてくれます。また外観での特徴はルーフレールが追加されます。質感が高いアルミ製のルーフレールです。
(出典:HONDA SHUTTLE)

新型シャトルの車内インテリアについて

新型シャトルの室内空間は5ナンバーの自動車にしては、ゆとりにあふれるデザインとなっています。シャトルの車内はパーソナル感を重視した作りになっています。運転席と助手席の間に、ハイデッキセンターコンソールを採用することによりそれぞれ独立した空間を設けることができるデザインとなっています。

後部座席を倒せば荷物の大きさや形に合わせて最適なシートアレンジができます。例えば長い荷物でサーフボード(約186cm)も助手席を最大限後ろまで倒せば乗せることができます。シャトルは室内高があるのも、このサイズの自動車では特徴的です。リアシートを起こすことによって、おおよそ110cmまでのモノなら積むことができます。

後部座席の快適性能も優秀です。ホンダの「センタータンクレイアウト」技術で、通常は後席下にある燃料タンクを、前席下に移動させています。これによって頭上空間や膝まわりに余裕をもたせた居住性の高い後席を再現しています。加えてリクライニング機構がより、リラックスした着座姿勢をもたらしてくれます。

(出典:HONDA SHUTTLE)

マイナーチェンジ後の新型シャトルの総評

新型シャトルはマイナーチェンジでエンジンも改良されました。ハイブリッド仕様はより少ない燃料で大きなパワーを引き出すために、アトキンソンサイクル採用の1.5L i-VTECエンジンと高出力モーターを組み合わせ、低燃費とパワフルさを両立実現しました。ガソリン仕様車は1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジンを搭載しています。

シリンダー内に直接燃料を噴射することで、効率のよい燃焼を実現し、低燃費に貢献する直噴エンジンを採用しています。新型シャトルのデザインは、なめらかなルーフラインと走りを予感させるしっかりとしたスタンスを表現したステーションワゴン定番のスタイルをしています。実用性も考えられており、立体駐車場に入庫可能な全高154.5cmとなっています。

都心部などで駐車場に制限がある土地でも所有できる一台へと仕上がっています。マイナーチェンジを行っても大幅な変更がされていないことから、今後しばらくは大きな変化はないと予測できるでしょう。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!