フリードの購入を検討されている方は、ライバル車や、コンパクトカーも比較検討の対象にdされていることでしょう。そんな中でもフリードはおすすめなです。フリードのおすすめポイントについて解説していきます。

フィットとフリードどちらを選ぶ?

ホンダから販売されているコンパクトカーのフィットとコンパクトミニバンのフリード。どちらの人気の高い車種ですが、あなたならどちらを選びますか?まずはそれぞれのクルマの特徴を比較してみましょう。

表1.フィットとフリードの比較
フィットフリード
エントリーグレードの価格1,699,920円2,256,000円
乗車定員5名7名
パワートレインハイブリッドSPORT HYBRID i-DCDSPORT HYBRID i-DCD
ガソリン1.5L 直噴 DOHC i-VTEC1.5L 直噴 DOHC i-VTEC
燃費ハイブリッド37.2km/L27.2km/L
ガソリン22.2km/L19.0km/L
ハイブリッド4WDありあり
ホンダセンシングタイプ別設定タイプ別設定

ハイブリッド車もガソリン車も搭載しているパワートレインは同じです。スペックはほぼ同等と言っていいでしょう。車両重量の違いで燃費性能は異なっています。

また安全性を高めるホンダセンシングを装備すれば、安全性という面でも等しいと思っていいでしょう。この2台のどちらを選ぶかということであれば、クルマの使い方によります。家族でレジャーなどに出かけることを想定すれば、室内の広いフリードになるでしょうし、通勤や買い物の足として使うのであれば、コンパクトで燃費の良いフィットということになるでしょう。

どちらが優れているということはなく、性格の違うクルマなので比較することにあまり意味はないかも知れません。
(出典:フリード)
(出典:シエンタ)

ライバル車

フィット、フリードともにライバル車が存在します。フィットの場合はトヨタのヴィッツや日産のノートが該当します。一方、フリードのライバルはトヨタのシエンタやスズキのソリオあたりになるでしょう。

フィットの最大の利点はハイブリッドに4WDがあるという点です。ライバル車にはハイブリッドの4WDがありませんので、ハイブリッドの4WDがほしいとなれば必然的にフィットを選ぶことになります。

同様にフリードの場合もハイブリッドに4WDがラインナップされており、ライバル車にはない特長を有しています。
いずれのクルマと比較しても、ホンダセンシングを標準装備しているグレードを選べば、安全性でもフリードが優位です。

フリードの満足度

フリードはコンパクトな割に居住空間が広いことでも好評を得ています。ライバル車であるトヨタのシエンタにはない、居住空間で、特に室内の高さがあるのが、居住性を高めている要因です。シートアレンジが豊富なので、背の高い荷物を積むことも楽々できます。

お子様のおむつ替えでも狭さを感じさせません。当然大人6人が乗っても居住空間が広くゆったりとでき、窮屈さを全く感じさせません。フリードを購入された方はこういった点にも非常に満足していただけています。

クルマの維持費についても触れておきましょう。まずライバル車にはないハイブリッドの4WDに関しては、ハイブリッドゆえの燃費の良さから、燃料代が節約でき、維持費の負担は軽減できます。また、フリードはどの車種もエコカーですので、自動車重量税や自動車税が減免されますので、こういった観点からも維持費の負担は減ります。

価格面では、フリードとシエンタはほぼ互角です。しかしながら、安全性のスペックという点では違いがあります。ホンダセンシングを装備しているグレードで考えると、フリードの方がお得感があります。

フリードは中古車市場でも人気が高いので、リセールバリューが高いのも魅力の一つです。中古車市場での相場価格というのも人気のバロメーターの一つですので、クルマ選びの時には参考にされると良いでしょう。中古車市場には非常にたくさんの程度の良いフリードが出回っており、オプションも装備されているのでスペックも高いです。

中古車で買われても満足していただけると思います。
(出典:フリードの居住空間)

フリードの評価

フリードを買われた方は、皆さん満足した抱いているようで、ネットでのレビューも高評価のものばかりです。特に子育て世代の方には大好評です。

「普段は子供2人を含めた家族4人で広々使え、時にはおじいちゃんとおばあちゃんを乗せて出かけられる。非常に使い勝手が良い。」
「シエンタとフリードの両方を試乗してフリードに決めた。頭上空間の広さが決め手だった。」
「ミニバンだと大きすぎて家内の運転に不安があるが、フリードだとコンパクトなので扱いやすく安心できる。」

やはり居住空間が広く6人がゆったり座れることや、コンパクトなボディであることに満足していただいているようです。

まとめ

フリードとシエンタの競争は非常に激しいのですが、居住空間の広さといった点でフリードの方が優っており、フリードを購入する決め手となったようです。また、ハイブリッドで4WDがあるというのも決め手の一つであることに間違いありません。フリードの良さは実車に乗ることでわかると思います。

購入を検討されているのであれば、一度ディーラーを訪ねて、試乗してみてください。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!