ちょうどいいサイズというキャッチコピーで有名なホンダのコンパクトミニバンフリード。子育て世代にちょうどいいサイズや使い勝手から好評価を得ています。2016年にフルモデルチェンジして、ハイブリッドがラインナップに加わり、Honda SENSINGが装備されました。そんなフリードの最新情報をお伝えしましょう。

フリード最新情報

2016年6月にフルモデルチェンジされた2代目のフリード。発表・発売されて2年が経過しましたので、そろそろマイナーチェンジが発表される可能性がありますが、今のところは詳しい情報はなく未定のようです。従って、現在販売されているものが最新型ということになりますので、現行モデルを紹介していきましょう。

最初にフリードのラインナップと価格・燃費を確認を表1.に一覧を掲載しました。

表1.フリードのラインナップと価格・燃費
グレードパワー
トレイン
駆動車両本体価格燃費
(JC08モード)
フリード B1.5L i-VTECFF1,880,000円19.0km/L
4WD2,096,000円17.6km/L
フリード G1.5L i-VTECFF6人1,980,000円19.0km/L
FF7人2,001,600円
4WD2,212,200円17.6km/L
フリード G・Honda SENSING1.5L i-VTECFF6人2,100,000円19.0km/L
FF7人2,121,600円
4WD2,332,200円17.6km/L
フリード Modulo X Honda SENSING1.5L i-VTECFF6人2,830,680円
FF7人2,852,280円
フリード HYBRID B1.5L i-VTEC+i-DCDFF6人2,256,000円27.2km/L
FF7人2,517,600円
4WD2,472,000円25.2km/L
フリード HYBRID G・Honda SENSING1.5L i-VTEC+i-DCDFF2,496,000円27.2km/L
4WD2,728,200円25.2km/L
フリード HYBRID EX1.5L i-VTEC+i-DCDFF2,656,000円26.6km/L
フリード HYBRID Modulo X Honda SENSING1.5L i-VTEC+i-DCDFF6人3,130,920円
FF7人3,152,520円

フリード最新型では、ハイブリッドに関してはクラストップレベルの燃費性能を有しています。
フリード最新型では、上級グレードでHonda SENSINGが標準装備されました。先進予防安全技術であるHonda SENSINGが標準装備されたのは非常にありがたいことです。今まで以上の安全運転が可能になります。
(出典:HONDA フリード)

Honda SENSING

ホンダの先進予防安全装備がHonda SENSINGです。最近ではほとんどの車種で標準装備化されています。フリードもフルモデルチェンジのタイミングでHonda SENSINGが装備されました。

先進予防安全装備は、トヨタや日産など他社でも採用されていますが、他社ではオプション設定になっている場合が多いです。コストダウンが進んでいるホンダが1歩先を行っている感があります。
Honda SENSINGの有する主な機能は、下表2.の通りです。

表2.Honda SENSINGの主な機能
機能機能詳細
衝突軽減ブレーキ前走車、対向車、歩行者との衝突回避を支援してくれます
誤発進抑制機能不注意や誤操作による急発進を防止します
路外逸脱抑制機能車線を検知し、はみ出さないように支援してくれます
ACC適切な車間距離を保ちます
LKASコーナリング時に車線を維持するようステアリング操作を支援してくれます。
標識認識標識の見落としを防止し安全運転を支援します。

先進予防安全装備の数々は、ドライバーの不注意やミスなどによる危険を未然に防いでくれる機能を数多く有しています。

パワートレイン

フリード最新型はガソリン車とハイブリッド車がラインナップされていますので、搭載されているパワートレインは2種類になります。

ガソリンエンジン車

L15B型1.5L直列4気筒DOHC i-VTECエンジン
最高出力:96kW (131PS)
最大トルク:155N·m (15.8kgf·m)

ハイブリッド車

LEB型1.5L直列4気筒DOHC i-VTECアトキンソンサイクルエンジン
最高出力:81kW (110PS)
最大トルク:134N·m (13.7kgf·m)
H1型交流同期電動機
最高出力:22kW(29.5PS) / 1,313 – 2,000rpm
最大トルク:160N·m(16.3kg·m) / 0 – 1,313rpm

ガソリンエンジン車では、直噴エンジンを採用し、より大きなパワーを効率的に引き出せるようにしています。また、高効率のCVTやアイドリングストップシステムの採用により、力強い走りと燃費性能を高いレベルでバランスさせています。1.5Lという小排気量ながら非力さは全く感じさせません。

フルモデルチェンジでラインナップに加わったハイブリッド車には、環境性能の高いアトキンソンサイクルのエンジンと、高出力モーターを内蔵した7速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせたSPORT HYBRID i-DCDを搭載しており、低燃費と高出力を両立しています。
(出典:LEB型1.5L i-VTECエンジン)

値引き情報

値引き交渉ではライバル車と競合させるというのが常套手段です。フリードの場合はトヨタのシエンタを引き合いに出すと良いでしょう。シエンタの見積をもってホンダのディーラーを訪ねれば、なにも準備していない場合に比べると短時間で限界値引きを引き出せます。

2018年6月時点の値引き相場は18万円前後です。モデルによって車両本体価格が異なりますので、値引き額は若干異なってきますが、このレベルの値引きが引き出せれば、交渉は成功と言えます。もしも大幅な値引きを狙うのだとすれば、決算期やボーナス商戦期を狙うと良いでしょう。

キャンペーンにより通常よりも値引きが引き出せる可能性が高いので、納車時期にこだわりがないのであればこういった時期を狙うのが良いでしょう。

納期

2018年6月現在のフリードの納期は、ネット上のレビューによるとだいたい2か月くらいのようです。どんなに納期の短いクルマでも最低1か月はかかりますので、2か月というのは決して長くはありません。新車効果が薄れている時期でもありますので、メーカーはあまり在庫を抱えていません。納期が2か月というのはほぼ相場通りだと言えます。

まとめ

フリードは使い勝手のいいちょうどいいサイズということで非常に人気が高いです。ネット上でのレビューを見ても好評価が多く見受けられます。
「ステップワゴンよりもコンパクトで運転しやすい。」
「コンパクトだけど、家族4人のレジャーにはちょうど良いサイズ。」
「ハイブリッドの実燃費が良いので驚いた。」
「1.5Lでは非力でないかと思ったが、実際に運転してみると全く非力さは感じない。」
レビューを見る限り、悪い評価は受けていません。子育て世代にピッタリのフリード。安心してお選びいただけると思います。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!