フィットハイブリッドは他社に先駆けて、コンパクトカーのハイブリッド車で4WDをラインナップした車種です。
山間部や雪国にお住まいの方は、4WDを検討される方が多い一方、4WDは重くなる分、ハイブリッド車のメリットである燃費性能が落ちるかもと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今日は、フィットハイブリッドの4WDシステムの仕組みや燃費、走行性能についてご紹介します。

フィットハイブリッド|普段はFF・必要なときに自動で4WDに

フィットハイブリッドの4WDは、フルタイム4WD(常時全後輪が駆動している4WD)ではなく、普段はFFで走行し、前輪が空転したり、登板路になったとき後輪にパワーを伝達するリアルタイム式4WDシステムを採用しています。

リアルタイム式4WDの評価すべき点は、通常走行時はFFで走るため、ハンドルフィールが重くならず、フルタイム4WDよりも燃費が良いです。ハイブリッド車は燃費性能が肝心ですから、その恩恵を受けやすいですね。

リアルタイム4WDは、FFから4WDに切り替わるときにフィーリングが不自然になるというデメリットもありますが、ホンダは昔からリアルタイム4WDを推進してきたメーカーで、走りのスムーズさと、後ろから押し出されるようなパワフルさが評価されています。
(出典:www.honda.co.jp/Fit/)

FFで十分?それとも4WD?北国でのフィット選び

スリップやスタックのリスクが多い北国では、4WDを検討する方が多いでしょう。
一方4WD車は車重が重くなるため、燃費性能がFFに比べて悪くなるというデメリットもありますし、価格差も気になります。そこで、フィットハイブリッドの4WDとFFの、価格差と燃費の違いを見てみましょう。

HYBRID 4WD
車両本体価格:1,754,000円(税抜)
カタログ燃費:37.2km/l

HYBRID FF
車両本体価格:1,574,000円(税抜)
カタログ燃費:29.4km/l

ベースタイプのHYBRIDでは、車両本体価格は4WDが18万円高いです。カタログ燃費は7km/l少々の違いで、グレードが高いタイプになると車重が上がるため、若干燃費が落ちます。

実燃費は4WDが17km/l、FFが20km/l前後のようですから、4WDもFFも実燃費の値にそこまで違いはありません。ハイブリッドモデル同士で比べると大差ありませんが、ガソリンモデルの4WDベースタイプは実燃費が11km/l前後ですから、その差は歴然です。

フィットハイブリッドの値引額はどれぐらい?

フィットハイブリッドは評価が高い車種で、特に4WDの場合競合車種が少ないことから強気の価格提示をされることもあるようです。

フィットハイブリッドの競合はトヨタヴィッツですが、ヴィッツはハイブリッドモデルの4WDがありません。相見積の相手が無いように思えますが、実はスズキスイフトのハイブリッドモデルは4WDがあります。

新車価格の定価も同じぐらいですし、他社競合をさせるときはスイフトがいいでしょう。
また、春先は進学や就職シーズンで新車在庫が薄くなる傾向にあります。納車に時間がかかる場合、「納期がかかるなら他のメーカーを考えます」という交渉もしてみましょう。

フィットハイブリッドの値引は、車両本体価格から15万円ほど、オプションを含めて18万円ほどを目標にしましょう。
フィットハイブリッドは、コンパクトクラスのハイブリッド車で4WDが選べる数少ない車です。

路面状況が悪い地域で、安定した走りを求めるならやはり4WDがおすすめです。燃費性能と走りの良さ、価格のバランスがとても良いので、ぜひ検討してみてください。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!