2017年9月14日に発売された最新型ホンダ・シャトルGは、ホンダ独自の安全運転支援システム「Honda SENSING」を装備し、ドライバーに優しい自動車に生まれ変わりました。そんな新型シャトルGを買いたいと思う人が気になるのは、やはり価格と、そのエンジン性能ですよね。今回は、新型シャトルGを、価格と性能を中心に紹介します。

新型シャトルGの価格と性能は?

新型シャトルGの価格と性能を紹介します。なお、本記事で紹介する価格と性能は、標準グレードのものとします。また、価格は税込です。

価格は?

新型シャトルGは、Honda SENSING搭載のFFで177万0120円、4WDでは196万4520円となります。これを安いと見るか高いと見るかは、あなた次第です。

また、上級グレードだけでなく、車の色の選択によっても価格が高くなる場合があります。例えば、シャトルGの場合、プラチナホワイト・パール,ミッドナイトブルービーム・メタリックなどは32,400円高くなり、プレミアムクリスタルレッド・メタリックの場合は、54,000円高くなります。さらに、グレードによっては、採用されていない色もあることに注意しなければなりません。もし色にこだわりがある方は、購入前にディーラーに相談しておくのも良いでしょう。

特徴的な性能とデザインを紹介!

新型シャトル には、どんな性能や特筆すべきデザインがあるのでしょうか? まずは性能について紹介します。

ガソリン車であるGグレードには、1.5L 直噴DOHC i-VTECエンジンが搭載されています。最高出力は97kW (132PS) / 6,600rpm、最大トルクは155N・m(15.8kgf・m) / rpmです。

特筆すべきデザインとして挙げられるのは、やはりHonda SENSINGでしょう。これは、事故を未然に防ぐための機能です。例えば、他の車や歩行者にぶつかりそうになったら、自動でブレーキがかかり、事故を回避してくれます。

また、人に近づき過ぎたら、車が勝手に正しい方向へコントロールし、ぶつからないようにしてくれます。つまり、Honda SENSINGは、車に宿った守り神なのです。安全性を徹底したデザインほど、運転手を安心させるものはないでしょう。

カローラフィールダーを比較したら?

新型シャトルGは、よく同型車であるトヨタ・カローラフィールダーと比較されることが多いようです。そこで本記事でも、シャトルGとカローラフィールダーを価格・性能の観点から比較検証します。カローラフィールダーはシャトルGと同じ1.5Lのガソリンエンジンを持っています。しかし、そのエンジンによる最高出力は80kW (109PS) / 6,000rpm、最大トルクは136N・m (13.9kgf・m) / 4,400rpmです。

つまり、シャトルGの方がカローラフィールダーよりもパワフルなエンジンを持っています。エンジンのパワーの有無は、加速性能にも影響するため、シャトルGは同型のワゴン車と比べて加速も優れていると考えられます。さらに、価格面で見ても、カローラフィールダーは、シャトルGと同じ1.5Gモデルでは181万3320円です。

これは、シャトルGがカローラフィールダーよりもパワフルであるうえ、安く買えてしまうことを意味します。ここまで比較対象を圧倒する車もなかなかありませんよね?
(出典:カローラフィールダー)

利点と欠点は?

新型シャトルGの利点と欠点について紹介します。性能や価格がカローラフィールダーよりも優れているという他にも、シャトルGには素晴らしい利点があります。

それは、荷重スペースです。シャトルGの容量は606Lで、後部座席を畳むと1,177Lに達します。ベビーカーや車イスも簡単に詰めることができ、後部座席を畳めば自転車もサイズによっては二台横並びで載せることだってできる優れものです。

しかし、この車は5人乗りで、後部座席に3人が乗れるのですが、その場合、乗り心地が窮屈に感じてしまいます。荷室の広さにこだわり過ぎるあまり、後部座席の乗り心地が少し犠牲になったきらいはあるでしょう。

高評価か?

果たして、新型シャトルGの評価はいかなるものでしょうか? 楽しみですよね?シャトルGは、カローラフィールダーをはじめとする同型車と比べても、価格、性能などの面で優秀なクオリティを持っており、荷室が広い、安全性能の充実などの利便性もあります。

現代の車であることを基本としても、これほどドライバーに優しい車はなかなか見られないという意味で、星5つ中、4.8とさせて頂きます!

他のグレードと比べてどんな立ち位置なのか?

ちなみに、新型シャトルGは他のグレードと何が違うのでしょうか?シャトルにはハイブリッドが存在しており、ガソリン車とは見た目のデザイン面でも異なる部分が見受けられます。ハイブリッドは電気モーターを用いているので、ガソリンと比べて燃費が良く、音も静か、さらにエコカー減税の恩恵も受けることができます。

しかし、その分、ガソリン車よりも値段が高くなります。しかも何もかもハイブリッドがガソリン車よりも優れているわけではありません。例えば、シャトルGの方が、ハイブリッドよりも若干荷室が広くなっています。

さらに、発進時の加速も、モーターで動くハイブリッドよりも、エンジンの馬力だけで発進するガソリン車の方が、乗り心地良く動ける傾向があります。

口コミを紹介!

新型シャトルG購入の際に、参考になる口コミを紹介します。以下がその一例です。
(http://cs.autoc-one.jp/report/contents/13186)
こちらは、コンパクトステーションワゴンとしてのコスパの高さ、力強い走り、ハイブリッドに負けないぐらいの乗り心地などを評価しています。
(http://cs.autoc-one.jp/report/contents/13262)

こちらは、動力性能に不満はないこと、剛性の高いシャシー、ノイズや振動の皆無性の観点から、この車がいかに人に優しいかを多面的に語っています。このように、シャトルGは、ハイブリッドでなくとも、様々なユーザーの満足度を高めていると言えます。

まとめ

(出典:HONDA シャトル)
ホンダ・シャトルGは、カローラフィールダーのような同型車と比べても、抜群のエンジン性能、広々としたスペース、Honda SENSINGのおかげで安心して運転できることなどの観点から、コストパフォーマンスに優れています。このことから、自動車として非常に優秀であると評価できます。

自動車が欲しい皆さんは、是非シャトルGの購入を検討してみてはいかがですか?

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!