シートヒーターというものを知っていますか?シートヒーターは雪国では大活躍します。また、今の車種にはほとんどシートヒーターがついています。

では、インサイトのシートヒーターについて紹介していきます。

シートヒーターとは?

シートヒーターというのは運転席と助手席についていることが多いです。シートのお尻の部分がだんだんと温かくなります。メリットとしては冬でも暖かく、エアコンだけで身体が温まらない時はシートヒーターがオススメです。

デメリットとしてはシートヒーターでは暑すぎてしまうことがあります。しかし、ないよりはあったほうがON・OFFすることができるのでいつでも使うことができるのでオススメです。

シートヒーターがついている車種

シートヒーターがついている車種はどのようなものがあるのでしょうか?いくつか紹介していきます。

・ミニバン
・キャンピングカー

このような車種についていることが多いです。遠出できる車や室内が広くなっている車はエアコンだけで室内が温まることも難しいので最初だけでもシートヒーターをつけているということもあります。

シートヒーターは後付できる?

そんな、シートヒーターは後付けすることができるのでしょうか?後付けしたい場合について紹介していきます。

後付けしたい場合は

・ディーラーに相談する
・オプションを確認する

ディーラーに相談して、後付けすることができるのか?を聞くといいでしょう。また、相談することが難しいという場合はオプションカタログを確認して、後付けでもできるのか?というのを確認しましょう。後付けできない場合は購入する段階で付けるようにしましょう。

自分でシートヒーターの代用品を付ける

場合によっては自分でシートヒーターの代用品を付けることが出来ます。
シートヒーターの代用品を付ける場合は

・ネットで購入する
・専門店に行く

(出典:ヒートシーター代用品)
この2つの方法を取るようにしましょう。
ネットでシートヒーターの代わりになるようなものが販売されていることもありますし、専用店に行って相談すれば、代用品を購入することが出来ます。ネットでは「シートヒーター 代用品」と検索すれば、ヒットしてくるので安心してください。

まとめ

(出典:HONDA インサイト)
シートヒーターについて紹介してきました。シートヒーターは今やオプションとしてでも標準装備としてでもついています。とても便利なものですし、大型車種にはなくてはならないものです。

後付け出来ないこともあるので注意しましょう。ぜひ、参考にしてみてください。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!