コンパクトカー代表格「ホンダ フィット」

2001年に初代モデルのから、長く皆様に支持され、愛されている車。それが、フィットです。フィットの特徴は、コンパクトカーなのに「広い室内空間を実現」「魅力的な燃費性能」などが、現在にも続く人気のひとつと思われます。そしてファミリー世代にも人気のフィットですが、スポーツ走行しても楽しいグレードもあるのはご存知ですか。

今回はそんな新しい一面を感じさせるグレードに注目してご紹介します。

スポーティに走る1台!

ホンダ フィットには、スポーツ走行を突き詰めたホンダの自慢のグレードがあります。それは「タイプR」というモデルです。それに対して「RS」は、一般公道の使い勝手を考慮に入れながら、スポーツ性能を高めた評価として、そのモデルに与えられる称号となっています。

RSが与えられている車種はフィットのほかに、ヴェゼルやジェイドなどがあります。「RS」と言って思いつくのが「Racing Sport(レーシング・スポーツ)」の略と想像するのが一般的ですが、ヴィッツだとランナバウト・スポーツを意味し、レガシィだとロード・スポーツを意味しているようです。そしてホンダのRSは、ロードセーリング という意味です。

直訳すると「道路を航行する」という意味です。普段使いでも気軽にスポーティな走りを楽しめるそんな思いが込められている1台なのだと思います。

新型フィットRSの性能や価格について

フィット RSは、2007年に発売された2代目モデルから登場しました。過去にはハイブリッドにもRSグレードがラインナップされていましたが、今回マイナーチェンジした新型フィットにはハイブリッドでの設定はありませんでした。排気量1,500ccのガソリンモデルのみの設定となっています。

グレードエンジン駆動
方式
トランス
ミッション
価格(円)
※消費税込み
燃費
JC08モード燃費
RS・Honda SENSING1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジンFF6速MT2,050,92019.2km/L
FFCVT+パドルシフト21.0km/L

6速MTのフィットは、RSのみです。燃費は若干落ちますが、その分運転する楽しさが味わえる新型フィットRSです。

新型フィットRSの外装・内装は?

新型フィットRSは通常のフィットとは違いRS専用の部分があります。今回は通常のフィットと違う部分をご紹介します。

<エクステリア>
●スポーティフロントバンパー(オレンジライン)
●専用のリアスポイラー
●RS専用エンブレム
●16インチのアルミホイール

<インテリア>
●オレンジラインのスポーツシート
●RS専用本革巻MTシフトノブ(6MT)/本革CVTセレクトレバー
●ステンレス製スポーツペダル(6MT)
とオレンジラインが特徴の特別仕様になっています。

フィットRSのエンジンは?

(出典:HONDA FIT1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジン)
フィットRSには4WDがなく排気量も1.5Lのみですが、6MTはRSでしか選べないという最大の強みがあります。フィットRSには「1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジン」が採用されています。

ホンダのエンジン「VTECターボ」って何?

皆さんが多分1回位は耳にしたことがあるかも知れません。VTECは
Variable valve
Timing & lift
Electronic
Control system

「バリアブルバルブ タイミング&リフト エレクトロニック コントロールシステム」の頭文字を取って、VTECと呼ばれています。日本語では「電子可変バルブタイミング・リフト機構」と名付けられています。ホンダの技術を集め開発したのがVTECターボです。

そしてVTECターボは、燃費の良さ(性能アップ)と走る楽しさ(運転しやすい)を目指した新しい時代のターボエンジンとなっています。また1.5L VTECターボは、小排気量エンジンの燃費の良さを残しつつ、2.4Lエンジンを凌ぐパワーフィールを実現したエンジンとなっています。そんなホンダの技術力が詰まったエンジンですから性能を遺憾なく発揮し、街中から高速道路、坂道にいたるまで爽快な運転や加速、そして乗り心地が楽しる自動車という訳です。

今回の新型フィットRSは、1.5Lのi-VTECのフィーリングを楽しむ性能を重視した1台となっています。エンジン性能が高くなればなるほど、重要なのがブレーキ関係です。フィットRSのリアのディスクブレーキは、RSのみの装備となっていますディスクブレーキになることで、さまざまな速度領域や走行状況において、より忠実なブレーキ性能を発揮できます。

高評価のパドルシフトとは

パドルシフトとは、ステアリングの付け根部分にあるレバーを使用し、自分のタイミングでギアチェンジができる装備です。これを操作することによって、MT車のように自在にギアチェンジができ、まるでMT車を運転している気分になれます。そして何と言っても最大のメリットは、ステアリングから手を離すことなく指先だけの操作によって瞬時にシフトダウンが可能なことです。なので、エンジンブレーキを有効に使えることにより、悪状況の天候によっての道路環境にも対応できます。

新型ホンダ フィットRSの評価は?

(出典:HONDA FIT)
フィットRSのレビューを最後にまとめてみたいと思います。RSの名にふさわしいスポーティーなフィーリングと魅力を存分に感じている評価や、コスパもいいし、走りもいいも燃費も優秀などうれしいお声もありました。やはり他のフィットには感じられない6MTの楽しさやダイレクトに回せるMTはさすがホンダの技術力!など、スポーティな部分や走りのクオリティを求めるユーザーの期待に答えている口コミが目立ちます。AT車が主流な現代ですが、ぜひ今度の車にはフィットRSで車の楽しさを味わいませんか。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!