ホンダの高級サルーンレジェンドには、アジャイルハンドリングシステムというものが装備されています。名前を聞いただけではどんなシステムなのかおわかりいただけないと思います。アジャイルハンドリングシステムとはどんな機能を持ったシステムなのか、高級サルーンに相応しいシステムなのかを解説していきましょう。

アジャイルハンドリングシステムとは?

アジャイルハンドリングシステムを一言で表現すると、ドライバーの意思通りにコーナリングをトレースさせてくれる機能を持ったものです。

フロントはエンジン+モータで、リアは別のモーターで駆動していて、さらにリアは左右別々のモーターを配していてここにトラクションをかけられる4WDシステムだからこそ制御できる、レジェンドならではのユニークなシステムです。
コーナリング時に、曲がろうとする方向の外側の後輪に力を多くかけ、内側の後輪にはトラクションを伝えないことで、クルマ自身に旋回力を起こさせ、旋回性能を向上させています。

自分が思った通りのラインを高い安定感とともにトレースしてくれますので、思い通りの挙動を示し、クルマと一体になった感覚が得られます。ホンダ曰く「オンザレール感覚を実現」していて運転することが非常に気持ちいいとのことです。
さらに、アジャイルハンドリングシステムは、ただ単にクルマを曲げるという機能だけではなく、クルマを前方に強く押し出す制御もしていますので、加速時の瞬発力も併せ持っていて、ハンドリング操作のレスポンスが向上されています。
非常に高いレベルで、かつ高級サルーンらしく自然な感覚で、旋回時の安定性を実現してくれる機能です。

アジャイルハンドリングシステムの評判

(出典:HONDA LEGENDアジャイルハンドリングシステム)
ホンダが自信をもって投入した新技術アジャイルハンドリングシステムの市場での評判はどうなのでしょうか?量販車種ではないので、レビューも多くないのですが、こんな感想がありました。

「横置きのV6.3500ccでかなりのフロントヘビーなのですが、カーブでアクセルを踏んでいけば内側後輪には0%外側に100%といった制御になり、なんとも言えないオンザレール感があり、安心してコーナーを抜けることができる。余分なヨーは発生しない。高級車に相応しい。」

ホンダの狙い通りの挙動を示し、非常に乗り心地が良いようです。
市場レポートにもアジャイルハンドリングシステムの評価が載っていました。加工せずそのまま掲載します。

「ハンドリングはミドシップの如し。全長5m近い巨体、先代比プラス50mmの2850mmホイールベースを持つ5人乗り大型サルーンが、大人になる前の浅田真央ちゃんのごとくに自転運動を得意中の得意としている。リアの2基のモーターが生み出すトルク・ベクタリングによって、物理の法則に反するウルトラCを、少女・浅田真央がトリプルアクセルを決めまくったように、5代目レジェンドはコーナーというコーナーをオンザレール感覚でかけ抜ける。違和感はほぼゼロ。」
と非常に高い評価を得ています。

高級車であるがために旋回性能と乗り心地を高いレベルで要求されるレジェンドですが、このシステムがあることでベンツなど外国産の高級車にも劣ることの無い、運転していて気持ちが良い仕上がりになっているようです。

メルセデスベンツとの比較

(出典:ベンツ)
メルセデスベンツにはアクティブステアリングアシストという機能があります。このアクティブステアリングアシストは、車線のカーブと前走車を、車線が不明瞭な道ではガードレールなどを認識し、車間を維持しながらステアリング操作をアシストするものです。ベンツのこのシステムはブレーキの制動を制御します。アクティブに4輪のトラクションをコントロールするものではないため、レジェンドのアジャイルハンドリングシステムとは明らかに別物です。しかしながら旋回時に余分なヨーを発生させないという点では似通っているかもしれません。

クラウンとの比較

(出典:ガリバー VDIM)
トヨタのクラウンにはVDIMというステアリング制御機能があります。エンジン、ブレーキ、ステアリングなどの機能をひとつのシステムとして統合制御しています。高い予防安全性と理想的な運動性能を両立させる、先進の車両運動制御システムです。コーナリング時に限界領域に至る前にそれぞれを制御して、余分なよーを発生させずにクルマの挙動を安定させるものです。自分の思った通りのラインをトレースしてくれます。
しかし、このシステムはブレーキによる制動でスピードをコントロールするものであって、4輪のトラクションをコントロールするというアクティブなものではありません。レジェンドのアジャイルハンドリングシステムとは異なるものです。

まとめ

ホンダのアジャイルハンドリングシステムはベンツやクラウンのステアリング制御機能とは明らかに異なったものでした。そして高級車にふさわしく、かつ運転していて気持ちが良いというステアリング操作が可能です。ブレーキによる制動はドライバー本人の意思で行うものですので、予防安全機能とは異なるものです。

アジャイルハンドリングシステムでは旋回時に後輪内側のトラクションを0にすることでよーを発生させるものですが、その結果速度を落とさずに安定したコーナリングができますので、余計な加減速をせずにコーナーを駆け抜けられる点が運転していて気持ちが良いようです。同乗者もたびたびの加減速があると酔ってしまいますが、この車なら快適に峠道を走ることができると思います。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!