ホンダのフラッグシップカー、レジェンドには一風変わった技術が採用されています。リアクティブフォースペダルというものなのですが、通常のアクセルとは異なったものになっています。リアクティブフォースペダルとはどういうものなのか、情報をお伝えしていきましょう。

リアクティブフォースペダルのメカニズム

リアクイティブフォースペダルとはどんなものか一言でいうとアクセルペダルの踏み心地が重くなる事によって最適なアクセル操作をドライバーに伝えるものです。

加速時には、アクセルペダルの踏み込み量が大きくなるほど、ペダルが徐々に重くなるようになっています。加速とアクセルペダルの重さがシンクロしているので、クルマとの一体感を感じさせてくれます。また、アクセルペダルの踏みすぎを抑制してくれますので、無理な加速をしないようにコントロールしてくれます。
巡行時には、アクセルペダルを踏みすぎになる(加速する)領域で、踏み心地が重くなるので、無駄な加速を抑制してくれます。
エコ運転時には、燃費を悪化させるような無駄な加速をさせないように、燃費のいいアクセルポジションでキープできるよう、アクセルペダルの踏み心地をコントロールしてくれます。エコ運転をサポートしてくれます。
坂道発進時にはアクセルペダルが重くなるまで踏み込めば、後退することなく、適切に加速するようサポートしてくれます。
滑りやすい雪道では、タイヤが空転するアクセル開度を学習・予測し、確実にグリップできる領域で走行できるよう、アクセルペダルの重みをコントロールしてドライブをサポートしてくれます。
危険時にはシティブレーキアクティブシステムなどの安全機能と連動し、ブレーキが必要な時には、アクセルペダルが振動し、衝突回避操作を促すようにドライバーをサポートしてくれます。アクセルペダルが振動したときにはアクセルを緩めれば、振動は止まります。

このように、レジェンドのアクセルには独創的で特徴的な制御機能が装備されています。
(出典:HONDA LEGEND)

日産NOTE e-POWERのアクセル

日産のNOTE e-POWERのアクセルも独特の仕組みになっています。NOTE e-POWERではECOモード,NORMALモード,Sモードの3つのモードを選択できます。このうちECOモードとSモードではe-POWER Driveと言って、アクセル操作だけで加減速ができる機能があります。

アクセルを踏み込む事で加速をし、その加速力はアクセルペダルの踏み込み量にリニアに反応します。ECOモード時はゆっくりとした加速となりECO運転をし、Sモード時は力強い加速になります。アクセルペダルを軽く踏み込み、その踏み込み量をキープするとモーターは定速回転となりますので、巡行走行します。そこからアクセルを緩めるとモーターの回転数が下がり、自然に緩やかに減速します。そしてアクセルペダルから足を離すと、モーターによる回生が行われ、ブレーキペダルを踏んでいるような減速ができます。このように、ブレーキペダルを操作せずにアクセルペダルの操作だけで加減速が操作できるのがe-POWER Driveです。さらにe-POWER Driveでは、アクセル操作だけで停止することもできます。停止後はブレーキペダルを踏まないと停止状態をキープすることは出来ませんが、緊急時に踏みかえすることなく減速できるとなると、ドライブが非常に楽になります。

このように、日産NOTE e-POWERにも独特のアクセル操作機能があります。
(出典:日産NOTE e-POWER)

まとめ

それぞれに特徴的なアクセル操作が要求される機能ですが、両者には大きな違いがあります。
まず一つ目は、リアクティブフォースペダルでは、急減速・停止時にはブレーキペダルの操作が必要になると言うことです。e-POWER Driveではアクセル操作だけで可能な制御が、リアクティブフォースペダルではそうはいきません。これは大きな差です。
さらに二つ目の違いですが、リアクティブフォースペダルはクルマ側からドライバーに、振動などにより適切なアクセル操作を促すという点です。e-POWER Driveにはそのような機能はありません。
三つ目の違いは、リアクティブフォースペダルは学習をし、予測ができるという点が挙げられます。コーナリング時の安全性を高め、スピンの回避操作をクルマがしてくれます。
四つ目の違いは、リアクティブフォースペダルの機能はキャンセルできないという点です。e-POWER Driveの場合はNORAMLモードにすれば機能しなくなりますので、ドライバーの意思でON/OFFできないという点も大きな違いです。

これらの特長からわかるように、両者は全くの別物です。どちらが良いとは一概には言えません。どちらかというと両方の機能を合わせ持ったクルマがあればより良いといった感じです。リアクティブフォースペダルは予防安全機能と位置づけられます。一方、e-POWER Driveは、運転を楽にしてくれる機能です。学習・予測や危険回避操作はありませんが、ドライブを楽しめる機能となっています。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!