新型NSXはホンダが開発した4つ目のハイブリッドシステムを搭載しています。

NSX用に全く新しく開発したパワートレインの魅力についてご紹介します。

ホンダのハイブリッドシステムを予習しよう

ホンダのハイブリッドシステムは、従来大きく3通りの仕組みがありました。

ホンダIMAハイブリッド

初代ホンダのハイブリッドシステムです。

モーターがエンジンに直接くっつき、加速をアシストする仕組みです。

初代フィットハイブリッドや、CR-Zに採用されました。

出力効率がよく、仕組みが単純なため、価格が安いというメリットがありましたが、EV走行(モーター単独走行)が出来ないデメリットがありました。

ホンダi-MMD

アコードハイブリッドに採用されている、大型車向けのハイブリッドシステムです。

ハイブリッドと言っても、エンジン出力を一度電気エネルギーに変換し、モーター駆動で車輪を動かす仕組みです。

どちらかと言えば電気自動車のような走り心地です。

システム自体が大型で重量があるため、燃費のメリットが出づらいのが難点です。

ホンダi-DCD

エンジンとモーターが独立したタイプのハイブリッドシステムです。

トヨタプリウスに近い構成ですね。

ミッションがCVTではなく、DCT(デュアルクラッチ多段トランスミッション)という点が国産車では珍しいです。

CVTに比べるとギクシャク感は否めませんが、従来のトルコンATのように変速感があるので、スポーティな走り心地を体感できます。

現行型のフィット、シャトル、ヴェゼル等幅広いホンダ車に採用されています。

一時問題となったリコールも、現行モデルでは落ち着いているようです。

お待たせしました、NSXのハイブリッドシステムの性能

新型NSXは、前述の3つとは異なる全く異なる構成のハイブリッドシステムです。

諸元表の値を見てみましょう。

・パワートレイン:V6 3.5lツインターボ+トリプルモーターのハイブリッドシステム
・トランスミッション:9速DCT
・駆動方式:SH-AWD
・カタログ燃費:12.4km/l

注目すべきは、1つのエンジンと3つのモーターという構成です。

新型NSXはリアミッドシップのエンジンをアシストするモーターと、前輪左右を駆動させるモーターがパワーアシストを行います。

ターボエンジンとモーターを組み合わせることで、ターボロスをモーターで補うことができ、スタートダッシュで大きなパワーを出すことができます。

アルミボディの軽さと相まって、矢を飛ばすようにスムーズな走り心地を実現しています。

また、海外勢のスポーツカーとは異なりAWDを採用しているため、コーナリングが自然で、山間部やカーブがきつい高速道もストレスの無い走り心地を体験することができます。

まとめ

NSXは専用設計されたハイブリッドシステムを搭載し、満を持してホンダがリリースしたスーパーカーです。

2,370万円と簡単に手が届く価格ではありませんが、走行性能、スタイリング、柔軟なカスタマイズが好評を博し、全世界で品薄となる理由もよくわかりますね。