ホンダセンシング

安全性能の向上は、ドライバーとして最も注力すべき点です。
予防安全や衝突安全の向上を目的としたオプション設定が大切です。

ホンダセンシングが装備されたグレードを選ぶ事は、必然的な流れと言えます。

かつて、ホンダセンシングを搭載する前の自動ブレーキ性能は、高くありませんでした。
国土交通省による自動ブレーキ評価テストにおいて、40点満点中6.7点という散々たる結果だったのです。

しかしホンダセンシングの性能の高さは、国土交通省からも認められるほどです。
同テストで46店満点中38点という、業界の中でも好成績を残したのです。

もちろん、衝突回避ブレーキの他にも、誤発進・急加速の防止や、車間距離調整、レーン内安全走行など、多彩な機能を持ち合わせています。
このような安全性能向上が、SUV売上げナンバーワンを後押ししたのです。

例えばこのオプションが装備されたGグレード(最も安価なモデル)の価格差ですが、216.3万円に対し、227.5万円で、その差は約11万円です。

11万円の追加出費で、上述の機能が付くなら安い買い物です。
万が一事故に遭遇した場合、入院費や修理費、精神的なダメージを考えれば11万円どころの話しではなくなります。

昨今、ニュースなどで危険運転がよく見られます。
もらい事故はどうしようもないので、自己防衛が必要です。
ホンダセンシングは業界トップの予防安全が可能なオプションと言えます。

リアカメラdeあんしんプラス2

ヴェゼルの弱点は後方視認性の悪さです。
特に都心などの狭い道や、狭い駐車場での出し入れには神経をすり減らすもの。
そこで、あって良かったと思えるおすすめのオプションが「リアカメラdeあんしんプラス2」です。

後退駐車サポートに加え、後退出庫の際には歩行者や車両など接近を検知する機能があります。
アラームによって注意喚起してくれるので、安心です。

この機能に助けられたユーザーは多く、必須のオプション品ですね。

「ナビ装着用スペシャルパッケージ」が装備されたグレードなら、装着が可能です。
価格は21,600円と、良心的です。

まとめ

ヴェゼルに搭載すべきオプション機能やその価格、搭載グレードについて言及しました。
ホンダセンシングとリアカメラdeあんしんプラス2は費用対効果ばっちりな、おすすめのオプション品です!
このオプション両方が搭載されていないグレードと、搭載されているグレードの価格は以下の通りです。

x\229.6万〜\236.8万〜
RS設定無し\268.5万〜
HYBRID\249.3万〜\260.4万〜
HYBRID X\263.1万〜\270.2万〜
HYBRID Z設定無し\287.4万〜
HYBRID RS設定無し\297.5万〜

また、ヴェゼルの中でも人気なHYBRID RSホンダセンシングの中古価格相場は、\255万となっています。