手ごろな価格と高性能なことから絶大な人気を誇るホンダS660。ケースポーツカーの人気No.1です。そんなS660のボディーサイズや室内の居住性など徹底的に調査しました。
(出典:www.honda.co.jp/S660/)

1.S660のボディサイズ

S660は2シーターの軽スポーツカーですので、非常にコンパクトなサイズになっています。

全長は3,395mm、全幅が1,475mm、全高1,180mmと非常に小ぶりです。

このサイズなら駐車場に困ることはまずないでしょう。

そしてS660はホイールベースが2,285mm、最低地上高が125mmです。

車高がかなり低いので、地面を這うように走るような感覚になります。

車両重量は、6MT車が830kg、CVT車が850kgと、コンパクトなうえに軽量であることが特徴です。

2.パワートレイン

コンパクトなS660のボディに収まっているパワートレインは、S07A型直列3気筒DOHC 660ccターボエンジンで、最高出力47kW [64ps]、最大トルク10.6N・mと他車と比較しても見劣りすることはありません。

クラストップレベルの走行性能を発揮します。トランスミッションは6速マニュアルトランスミッションとCVTがラインナップされています。

車両重量が軽いボディであることから十分すぎる走行性能を持っており、スポーティーな走りが実感できるスペックになっています。

3.室内空間

(出典:www.honda.co.jp/S660/)
ボディサイズがコンパクトなことから、室内が狭く居住性が悪いという印象を持たれているかもしれませんが、そんなことはありません。

室内長は895mm、幅が1,215mm、高さ1,020mmと確かにコンパクトではありますが、車高が低いので、頭上に圧迫感を感じることはありません。

またセンターコンソールも比較的コンパクトなデザインになっていますので、車幅の狭さもさほど感じさせません。2シーターとしては十分な空間になっています。

2シーターであるため、リアウィンドウが頭の後ろに迫っている感じがしますが、十分な空間が設けられていますので、窮屈感は感じません。車高が125mmと他車と比較しても非常に低く設計されているため、ヒップポイントが非常に低く、地を這うゴーカートのような乗り心地になります。車の挙動がダイレクトにドライバーに届き、クルマを操作しているということを実感できます。

シートにはS660専用のスポーツシートを装着しており、横Gを受けるワインディング走行時でも正確な運転操作ができます。

スポーツカーらしく運転するために、最適な形状・硬さにチューニングされホールド性の高い作りになっています。

インテリアは、軽自動車とは思えないような、質感のある黒またはグレーが基調のインテリアでスポーツカーらしくシンプルながら落ち着けるデザインになっています。コンパクトカーなどと比較しても決して見劣りしません。

座っただけで乗り心地を予感できる、そんなクルマですので、コクピットに座るだけで高揚感が抑えきれなくなるはずです。

4.乗り心地

アジャイルハンドリングアシストというドライバーをアシストしてくれる機能が標準装備されていますので、コーナリング時に変な挙動をせず、安定した乗り心地になります。

アンダーステアが出にくい機能ですので、狙い通りのラインをトレースしてくれます。まるで自分の手足のように位の向くままに操作できます。

5.車両本体価格

ホンダS660は、αとβの2グレードがあり、それぞれに6MTとCVTがラインナップされています。

車両本体価格は、上級グレードのαで2,180,000円、エントリーグレードのβで1,980,000円になります。軽自動車としては高めの価格設定になっていますが、オープンスポーツカーであることを考えれば、納得のいく価格だといえるでしょう。

6.まとめ

ホンダS660は車幅や車高は非常にコンパクトにできており、また車両重量も軽いことから、非常に扱いやすく、エントリーカーとしては十分すぎるほどの性能を有しています。免許を取って初めて乗るクルマとして、お勧めできます。

走ることが、クルマを操ることがとても楽しく、ドライブしていてワクワクしてくる。そんな車ですので、購入を検討してみてください。