軽自動車のスポーツタイプというのは、特に若者に人気があります。手ごろな価格と高性能であることからお得感があるからだと思います。そんな中で、ホンダのS660がどのような位置づけになり、どんな特徴があるのでしょうか?他社車と比較していきましょう。
(出典:www.honda.co.jp/S660/)

1.S660の基本情報

ホンダS660の概略は次のようになります。
・ボディタイプ:2シーター軽自動車、オープンカー
・乗車定員:2名
・駆動方式:ミッドシップ、リアドライブ
・グレード:2グレード、αとβのラインナップ
・車両本体価格:α 2,180,000円、β 1,980,000円
・搭載エンジン:S07A型直列3気筒DOHC 660ccターボエンジン
最高出力:47kW [64ps]、最大トルク:10.6N・m
・トランスミッション:6MTとCVT
・JC08モード燃費: 6MT 21.2km/L CVT 24.2km/L
このような車です。ワクワクしてくるようなスペックです。

2.他社車との比較

軽スポーツカー人気ランキング
1位 ホンダS660
2位 ダイハツコペン
3位 ダイハツキャストスポーツ
4位 ダイハツソニカ
5位 スズキアルトワークス
上記のように、ホンダS660が人気No.1となっています。非常に人気が高いS660ですが、他社車と比較した場合どのような位置づけになるのでしょうか?
人気上位5車の比較

乗車定員車両重量動力性能燃費(JC08)
S6602名830kg最高出力64ps
最大トルク10.6kg・m
24.2km/L
コペン2名850kg最高出力64ps
最大トルク9.4kg・m
25.2km/L
キャストスポーツ4名840kg最高出力64ps
最大トルク9.4kg・m
30.0km/L
ソニカ4名820kg最高出力64ps
最大トルク10.5kg・m
23.0km/L
アルトワークス4名690kg最高出力64ps
最大トルク10.8kg・m
21.0km/L
(10-15モード)

最高出力については自主規制があるため全車64psで、カタログスペック上はまったく差がありません。

実際に何馬力出ているのかは定かではありませんが…車両重量はアルトワークスが圧倒的に軽いので、同じ出力であれば、よりスピードが出るという理屈になります。

最大トルクもアルトワークスが最も大きな数字ですので、恐らく出足がかなりいいのではないかと思います。燃費性能に関してはキャストスポーツが圧倒的にいいです。

コンパクトカーのハイブリッド並みですから、いくら軽自動車とはいえガソリンエンジンではかなり優良です。

この5台の中で比較してみると、S660の位置付けは、燃費はそこそこ、動力性能はベストレベルと言えます。

乗車定員が2名ですので、実際に人が乗った時の走りを考慮すると、かなり出足が鋭くきびきびとした走りをするのではないでしょうか?

3.S660の乗り心地と走り心地

(出典:www.honda.co.jp/S660/)
S660の位置づけや特徴がおわかりいただけたところで、S660の口コミ評判を見てみましょう。
走り心地について
「山に住みたくなるぐらい楽しいです!」
「コーナリングマシンと言う感じで非常に良く雪道にも強いです。」
「パワーが無い分アクセル全開で余裕で曲がれるので、他のスポーツカーに劣る事は無い。非常に走り心地がいい!」
乗り心地について
「乗り心地はハイレベル。」
「固めだけどゴツゴツ感は全くなく乗り心地は非常に良いです。」
S660オーナーの方々は軽スポーツカーだと割り切って購入されているので、その割にという点で割り切っているところもあるのでしょうが、走り心地も乗り心地も非常に評判がいいようです。

4.S660まとめ

S660が軽スポーツカーの人気No.1である要因は、非常にバランスの取れた性能にあり、総合的な評価で高評価を得ているということがわかりました。

ある意味おもちゃのように扱える車ですから、運転していて非常に楽しいことでしょう。そんな点から若者に支持されているのだと思います。