(出典:www.honda.co.jp/S660/)
手軽に購入できる価格であることと、スポーティーな走りができることから非常に人気のあるホンダS660。そんなS660を自分だけの1台にカスタマイズするとしたらどんなアイテムがあるのでしょうか?

また標準で装備されているアイテムにはどんなものがあるのでしょうか?S660の装備とカスタマイズアイテムについて紹介していきましょう。

1.S660の概要

まずはホンダのS660というクルマがどんな車なのかを確認していきましょう。

ボディタイプは2シーター軽自動車、オープンカーで乗車定員は2名名です。

パワートレインとドライブトレインのレイアウトはミッドシップ、リアドライブとなっています。αとβの2グレードのラインナップとなっており、

車両本体価格:α (6MT/CVT共)2,180,000円、β(6MT/CVT共) 1,980,000円です。

搭載エンジンはS07A型直列3気筒DOHC 660ccターボエンジンで、最高出力47kW [64ps]、最大トルク10.6N・mです。このエンジンはJC08モード燃費が 6MTで21.2km/L、CVTで24.2km/Lになります。軽自動車であることも手伝って、ガソリンエンジン車としては非常に高い燃費性能を有しています。

ボディカラーは全部で6つのカラーがラインナップされています。目立つカラーがいくつかありますので、個性を主張されたい方にはもってこいのラインナップです。

2.走行性能

次に走行性能にかかわる機能は様々なものが標準装備されています。

・アジャイルハンドリングアシスト

この装備は軽自動車では初採用の技術になります。ブレーキ制御とともに、旋回に入る際のレスポンスや旋回中のライントレース性を高めてくれる、ハンドリング支援システムです。コーナリング時のクルマの挙動に安定感が生まれます。

・4輪独立懸架サスペンション

走行状況に応じて最適なトー、キャンバー特性を獲得し、専用タイヤの性能を最大限に引き出せるようダンパーをセッティングしています。アジャイルハンドリングシステムと合わせて、旋回時の安定感に大きく寄与しています。また乗り心地と走り心地を高いレベルで両立しています。

・前後φ260m大径ディスクブレーキ

マスターパワーの特性を最適化し、ブレーキの踏み始めから素早く制動力が高まる鋭いレスポンスを叶えています。また、踏みこんだ力をコントロールしやすい安定感のあるブレーキフィーリングを実現しています。

3.安全性能

S660はセーフティ・サポートカーS〈ベーシック〉に該当します。予防安全機能を備え、ドライバーの安全運転を支援する装備が備わっていることが、公に認められています。

・シティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ + 誤発進抑制機能)

低速走行時に前方車両との衝突の危険性がある場合に、衝突回避あるいは衝突時の衝撃軽減を支援してくれる機能です。また、前方に障害物がある状況で、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、急発進の防止を支援する機能も備えています。。

・エマージェンシーストップシグナル

急ブレーキを踏んだ際に、ハザードランプが自動で点滅し、後続車に注意を促し、追突の危険性を低減してくれるシステムです。

・VSA(ABS + TCS + 横すべり抑制)

急なステアリング操作や、すべりやすい路面でクルマの横すべりが発生した際、クルマの姿勢を安定させるシステムです。

・ヒルスタートアシスト機能

マニュアル車では、坂道発進時ペダルを踏み替える瞬間に後退してしまうことがありますが、この機能があるとのクルマの後退を約1秒間抑制してくれます。坂道発進が苦手な方に対しありがたい機能であるとともに、坂道での渋滞時など楽にドライブできる便利な機能です。

・エアバッグシステム

万一の衝突時にドライバーや助手席同乗者を守るために4つのエアバッグシステムを備えています。

4.環境性能

S660は単にスポーティーなクルマではありません。環境にも優しい特徴を有しています。CVT車は平成27年度燃費基準+10%を達成しており、6MT車は平成27年度燃費基準を達成しています。さらに全車平成17年排出ガス基準75%低減レベルの認定を受けています。

5.タイプ別の標準装備

S660には、αとβの2グレードがあります。そしてトランスミッションは6MTとCVTの2つが両方にグレードに設定されています。

まずグレードや駆動方式に関係なく全車で標準装備されているのが、運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステム、シティブレーキアクティブシステム、本革巻きステアリングホイール、ロールトップ、ユーティリティボックス、UVカット機能付フロントウィンドウガラス、高熱線吸収/UVカット機能付ガラス、アジャイルハンドリングアシストになります。

あとはグレードとトランスミッションの組み合わせによって装備が変わってきます。

両方のグレードでCVT車のみ共通で標準装備されているのが、アイドリングストップシステムです。

上級グレードのαのみに標準装備されているのは、クルーズコントロール、ステンレス製スポーツペダルになります。

アルミホイールについてはα専用とβ専用のものが個々に設定されています。

カスタマイズを行う前に、標準装備をよく確認しておくことが重要です。

6.カスタムパーツ
S660では、結構な機能が標準装備されているので、樹陰製品でのカスタムパーツというのは、そうは多くありません。カスタムパーツは次の通りとなります。
・スポーツブレーキパッド 価格37,800円
・シートセンターバッグ 価格27,000円
・アクティブスポイラー 価格165,240円
・フロントフェイスキット 価格111,240円
・リアロアバンパー 価格87,480円
・ロールトップ(ボルドーレッド) 価格129,600円
・スカイサウンドスピーカーシステム 価格82,080円

純正パーツの中で最も目を引くアイテムがボルドーレッドのロールトップですね。他にも外観でわかるアイテムがいくつかありますので、カスタマイズに向いていると思います。

次に社外品のカスタムパーツというとアルミホイールを一番に思い浮かべると思いますが、標準でアルミホイールが装着されていることを考えると、アルミホイール以外のパーツが良いでしょう。

社外品のカスタムパーツでおすすめなのが、次の3アイテムです。この3アイテムを組み合わせると、走行性能は格段に上がります。

・バックヤードスペシャル FRPリアスポイラー HONDA S660 [JW5] 6MT/CVT (黒ゲルコート仕上げ/未塗装) : 価格49,680円
・MUGEN ブレーキローター フロント 45250-XNA-K0S0 ホンダS660: 価格33,480円
・HKS ハイパーマックスダンパー MAX4 GT 車高調 ホンダ S660 JW5 S07A 15/04- 80230-AH007: 価格178,683円

ちょっと高価ではありますが、走りにこだわるカスタマイズであればこのようなカスタムパーツが必要になるのではないでしょうか?

7.まとめ

(出典:www.honda.co.jp/S660/)
ホンダS660は標準装備でいろいろな機能やアイテムが備わっていることと、オプションパーツが少ないことから、純正品だけでのカスタマイズは厳しいようです。

社外品も視野に入れてカスタマイズするのが良いようです。車両本体価格が高くないので、カスタマイズパーツにお金をかけるのも良いのではないでしょうか?