オートマ車とマニュアル車の違いは?

自動車に乗っている方は知っているかも知れませんが、今回は違いに対する内容をまとめてみます。大きく分けて、オートマ(AT)車とマニュアル(MT)車が通常はほとんどだと思います。

マニュアル車は、自らクラッチを使ってシフトを変更しながら運転する車です。

またオートマ車は、ミッションを走行にとって最良の状態をが判断し操作を補助しながら運転するという感じになるのでしょうか。

やはりそれぞれに違いがあり、メリットそしてデメリットがあります。次はスポーツカーならではの、マニュアル車のメリット・デメリットを考えてみます。

スポーツカーでのマニュアル車のメリット・デメリット

メリット(良いところ)

・圧倒的に運転していると実感でき、楽しい!
マニュアル車は自分自身で変速を操作しながら運転します。なので、オートマ車にはない車を自分で操っている感覚がたまりません。そして何といってもスポーツカーですから、スピードも加速も自分の思うがままにできる爽快感です。変速操作さえ慣れてしまえば最高です。これを深く感じられるのがスポーツカーの最大の魅力です。
・レスポンスがいい!
「レスポンス=ある信号や命令などが出されてから応答するまでの経過状態のこと。」
つまり操作に対する反応がいいということです。自分自身でギアを変えることで一気に加速や、ギアを落として加速など、その場に応じた加速、減速がしやすい点です。エンジンブレーキが使えるという利点もあります。
・カスタムが楽しい!
スポーツカーで改造してある車を見たことがあるという方も多いと思います。一般的な車に比べてカスタムパーツが多いのもスポーツカーの良いところです。
自分で改造する楽しさもありますし、自分で出来ない人もプロと相談したりしてオリジナルの1台を作ることも可能です。
どんな車になるのか想像するだけでも楽しいです。

デメリット(悪いところ)

・クラッチが重く、疲れる。
クラッチ操作があるために、運転中オートマ車よりもする項目が多いです。
特に渋滞や、街乗りなどでは、便利性の部分ではオートマ車には勝てないでしょう。
そして何より免許証です。AT限定免許の方は、間違ってもマニュアル車には乗れません。
時間や費用を抑える部分ではAT限定を選ぶ方も今は多いのかも知れません。
でも、やっぱり余裕があるならマニュアル車も乗れるようになっていると、楽しみも仕事での利用範囲も広がり、自由度でも違ってきます。

ホンダ「nsx」には、オートマ車とマニュアル車がある?

(出典:www.honda.co.jp/NSX)
ホンダ「nsx」は、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を搭載しています。最近は高性能車や高級車に搭載されています。

また、「nsx」の簡易版のような状態の技術がホンダ車などに搭載されるなど数を増やしています。

DCT(デュアルクラッチトランスミッション)は、クラッチを2つ持つのが特徴となっています。
変速時にあらかじめ変速先のクラッチを繋いでおいて、変速元のクラッチを切るのとほとんど同時に変速します。
「エンジンは回っているのに駆動の役に立っていないロスタイム」を解消する優れものです。

ただ、駆動効率の性能が高い分、構造が複雑になり大きく重くなってしまいます。

そして簡素化や低コスト化を実現させようとすると課題も大きく、大抵のメーカーは実用車にトルコンつきAT、高性能車にDCTと使い分けているのが現状です。

そしてホンダ「nsx」は、現在はトランスミッションを縦置きにし、「NSX専用設計の9速DCT」を新規に開発しました。そしてDCTとしては世界最高段数を誇ります。その過程の中では横置きの時代もあり、開発時はレジェンド用をベースにした7DCTでした。ホンダの苦悩・努力・総力など全て詰まったスポーツカーが「nsx」なのです。

ホンダ「nsx」を中古で購入するには

ホンダ「nsx」の中古車価格の平均は、以下のようになっているようです。

初代「nsx」(1990年モデルの中古車:1990年9月1日発売~2005年7月販売終了)
新車価格:966~1255万円
中古価格:308~1990万円
新型「nsx」(2017年モデルの中古車:2017年2月27日発売)
新車価格:2370万円
中古価格:2390~2950万円 という感じです。新型はまだ中古車としては台数が本当に少なく、価格も高めになっています。ですが新車はオプションなしの価格で2370万円ですから中古車はどのオプションがついているのかは不明です。特に「nsx」のオプションは価格差が大きいものも多いので、購入検討の際にはきちんとどんなオプションがついていて、どの価格がどこら辺まで変更になっているのか下調べをしっかりすることをおすすめします。
某中古車販売メーカーで検索した結果になります。情報は流動性のものです。変動はありますので、ご参考にどうぞ。

<新型「nsx」>

●ホンダ「nsx」ベースグレード
車両本体価格:2390万円(支払総額:2447.1万円)
ミッション:MTモード付きAT
年式:2018年 走行距離:0.1万km 排気量:3500cc
●ホンダ「nsx」カーボンブレーキ・電動パワーシート
車両本体価格:-万円(支払総額:2610万円)
ミッション:AT9速
年式:2017年 走行距離:- 排気量:3500cc

<初代「nsx」>

●ホンダ「nsx」ベースグレード
車両本体価格:-万円(支払総額:380万円)
ミッション:AT4速
年式:1991年 走行距離:6.4万km 排気量:3000cc
●ホンダ「nsx」ベースグレード クルーズコントロール 黒革パワーシート
車両本体価格:477万円(支払総額:495.4万円)
ミッション:AT4速
年式:1993年 走行距離:7.5万km 排気量:3000cc
●ホンダ「nsx」3.0ベースグレード HDDナビTV レザーシート
車両本体価格:475万円(支払総額:498万円)
ミッション:AT4速
年式:1990年 走行距離:9.1万km 排気量:3000cc
という様な検索結果が出ました。
(出典:www.honda.co.jp/NSX)
新型「nsx」はもちろん価格の桁が違いますが、初代「nsx」も年式は経っているものの、新車が買える値段です。
価値が下がらない車!それがホンダ「nsx」なのでしょう。