ホンダが生んだスーパースポーツカーNSX。誰もが憧れ、一度は乗ってみたいと思うクルマです。そんなNSXのスペックを徹底解剖していきます。これであなたもNSX通になれるかも!
(出典:www.honda.co.jp/NSX/)

1.NSXの概要

ホンダのNSXは、2ドア2シーターのスーパースポーツカーで、ハイブリッドのみの1グレードになります。その車両本体価格は23,700,000円と非常に高価ですが、その対価を支払うに値する車であることは間違いありません。一度は乗ってみたいNSX。その主要スペックは次の通りです。
・パワートレイン
3.5L V6 DOHC ツインターボ+3モーター
V6ツインターボエンジンと3基のモーターによるホンダオリジナルの究極の4WD SPORT HYBRID SH-AWD
・トランスミッション
9速デュアルクラッチトランスミッション
・燃費
JC08モード 12.4km/L

2.エクステリア&インテリア

ホンダNSXのボディカラーは全部で8色バリエーションがあります。

標準色では、クルバレッド、ベルリナブラック、130Rホワイトの3色が、特別塗装色では、ソースシルバー・メタリック、カジノホワイト・パール、ノルドグレイ・メタリック、バレンシアレッド・パール、ヌーベルブルー・パールの5色です。

ソースシルバー・メタリック、カジノホワイト・パール、ノルドグレイ・メタリックの3色は価格が85,000円増、バレンシアレッド・パール、ヌーベルブルー・パールの2色は価格が670,000円増になります。

エクステリアのカラーバリエーションとともに、選択肢が多いのがインテリアになります。

インテリアのバリエーションは全部で7種類になります。

エボニー① ミラノレザー×アルカンターラ マニュアルシート、
エボニー② セミアニリンレザー×アルカンターラパワーシート+アルカンターラルーフライニング、
エボニー③ セミアニリンフルレザーパワーシート+アルカンターラルーフライニング、
オーキッド① セミアニリンレザー×アルカンターラパワーシート+アルカンターラルーフライニング、
オーキッド② セミアニリンフルレザーパワーシート+アルカンターラルーフライニング、
サドル セミアニリンレザー×アルカンターラパワーシート+アルカンターラルーフライニング、
レッド セミアニリンレザー×アルカンターラパワーシート+アルカンターラルーフライニング

とバリエーションに富んでいます。ボディーカラーとの組み合わせでカスタマイズできるのがNSXの特徴の一つでもあります。

3.走行性能

SPORT HYBRID SH-AWDが生み出す動力は、システム最高出力が427kW[581PS]、システム最大トルクが646N・m[65.9kgf・m]になります。

大出力のモーターによる強烈な出足と、V6ツインターボエンジンのパワフルな加速とを融合した、怪物パワートレインです。

モーターだけでもエンジンだけでも決して得られることのない強烈な加速感が、身体にも心にも響いてくる、そんな官能的な満足をもたらしてくれます。走行モードは4種類あり、サーキットモードも備えています。

クワイエットモードでは非常に静かな走りを見せてくれます。

4.安全性能

NSXの特筆すべきは動力性能だけではありません。
安全性能についてもこれ以上ないほどの先進安全技術が惜しげもなく装備されています。

・予防安全性能
タイヤ空気圧警報システム:タイヤの空気圧が万一低下した場合に車輪位置とともにアラームを発する機能です。
マルチインフォメーション・ディスプレイで各輪の空気圧を確認できます。
パーキングセンサーシステム:8つの超音波センサーで周囲の障害物を検知し、障害物や人までのまでの距離により警告音を変え、さらにナビ画面での表示も変えて、ドライバーへの注意を促します。

・衝突安全性能
スペースフレーム構造:前面衝突時には、スペースフレーム部が連続的につぶれるように変形して衝突の際のエネルギーを吸収し、キャビンへの衝撃を最小化します。さらにアブレーション鋳造接合部が破断することなく衝撃を受け止め、キャビンの変形を防ぎます。

後面衝突の際には、リアのスペースフレームが衝撃を吸収しながら、2点の強固なアブレーション鋳造接合部が衝撃を受け止め、衝突エネルギーをリアのスペースフレームに伝達。後面衝突の衝撃を受け止め、リアのパワーユニットが前方に移動しないようにしています。

7つのエアバッグ:運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステム、運転席用&助手席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム、運転席用SRSニーエアバッグシステムを備え、万一の衝突時に、乗員に及ぶ衝撃を効果的に緩和するエアバッグを装備しています。

ポップアップフードシステム:歩行者との衝突時にアクチュエーターがフロントフードの後ろ側を瞬時に約10cm持ち上げ、ボンネット内の空間を確保することで、歩行者の頭部衝撃を低減します。

5.環境性能

NSXは単なるスーパースポーツカーではありません。

ハイブリッド車ですから燃費や排気に関しても十分配慮した設計がなされています。

燃費に関してはJC08モードで12.4km/Lですから平成27年度燃費基準+10%達成車であり、またエミッションに対しても平成17年排出ガス基準50%低減レベル認定車となっています。
環境にやさしいスーパースポーツカーでもあるのです。

6.Configurator

ボディカラー、ホイール、ブレーキ、リアスポイラー、エンジンカバー、インテリアなどを画面上でシミュレートできる、ネット上のカタログに装備された機能です。カスタマイズのイメージを一目で確認でき、また画像をダウンロードできますので、購入前にあれやこれやと試すことができます。

7.まとめ

(出典:www.honda.co.jp/NSX/)
NSXの評価を口コミなどから探ってみると、非常に高い評価を得ていることがわかります。フルアクセル時の加速感もさることながら、ワインディングロードやサーキット走行でのコーナリング時のアンダーステアが全く発生しないことが高評価の要因です。オーナーは数多くはないのですが、口コミでは高評価ばかりが目立ちます。スポーツカーの割に燃費がいという口コミもかなりありました。なかなか簡単に買えるクルマではありませんが、いつかは乗ってみたい1台ですね。