ホンダのヴェゼルには様々な機能がついています。

その中でも一番私たちが触るのはハンドルではないでしょうか?

ハンドルを動かさなくては運転することもできませんよね。

ホンダのヴェゼルのハンドルにも連動する機能があります。

では、今回はホンダのヴェゼルのハンドルについて紹介していきます。

ホンダのヴェゼルのオプション!ハンドル連動って?

ホンダのヴェゼルのハンドル連動というのはあくまでオプションになります。

しかし、オプションでもどれも標準装備としてほしい!と思うくらいの機能です。

オプションでナビを付けた場合、ハンドルにはナビの音量を変化することができるハンドル連動というのがあります。

また、その他にも様々なスイッチが搭載されています。

Honda SENSINGを操作することができるスイッチ、メーターなどを操作することができる標準装備のスイッチがあります。

また、グレード別にはなりますがマニュアルのように楽しみたいというような場合はシフトチェンジができるスイッチもあります。

ナビとハンドル連動している場合は、音量の変更、曲順の巻き戻しや早送り、電源スイッチがあります。

ハンドルについているスイッチを押すだけでナビを操作しなくても操作することが出来るのです。

さらに、ナビと連動させて、電話の受け答えも出来ちゃうんです。

いちいちスマホを出さなくても電話できるのでとても便利ですね。

ハンドルについているスイッチを押すだけでナビを操作しなくても操作することが出来るのです。

運転手にとってはとても便利ですね。

ホンダのヴェゼルのステアリングの特徴とデザイン

とにかく、持ちやすいというのを意識しています。

また、女性でも握りやすいように細くできています。

ステアリングは常に持っているのでやはり、握りやすく、回転させる時にもさせやすいというのが理想ですよね。

それを全て実現させたのがホンダヴェゼルのハンドルです。

また、デザインとしてはやはり、手になじみやすく、高級感がある本革のステアリングになっています。

社外のものでホンダのヴェゼル用にステアリングが販売されています。

しかし、純正のステアリングが一番です。

初代のホンダのヴェゼルのステアリングは硬く、握りにくいというのがありましたがそれも今では改善されています。

使い勝手のいいステアリングです。

競合車と比較してみた!ハンドルの違いは?

競合車であるCH-Rと比較してみました。

ハンドルにはどのような違いがあるのか?というとスイッチが表面に出ているというような点でしょうか。

ハンドルの連動をするのは同じようですが、ハンドルのスイッチの位置がCH-Rんはハンドルの全面に出ていますが、ホンダのヴェゼルの場合は裏面に付けられているスイッチもあります。

なので、スタイリッシュに見えるというのがかっこいいです。

また、ステアリングがホンダのヴェゼルは全体的に本革なのに対して、CH-Rは上の部分が本革という感じです。

どこを持っても同じように感じで持つことができるホンダのヴェゼルに対して、CH-Rは持つ感覚が場所によって違います。

なので、持ちづらいという人も出てきてしまいます。

ホンダのヴェゼルのハンドルの評判や口コミ

ホンダのヴェゼルのハンドルの評判や口コミはどのようになっているのか?について紹介していきます。

・初代からずっと乗っています。最初は硬いプラスチックのような感じのハンドルでした。でも、最新のヴェゼルは違いますね。持ちやすく、手が痛くならないのでとても助かっています。(男性/50代)

・私はよく、遠出するんです。遠出するとなるとハンドルをずっと握っているので普通のハンドルでは手が滑ったり、疲れたりするんです。ハンドルを回すときも持ち手が大きい場合だととても大変です。しかし、このハンドルはとても楽です。細くて持ちやすく、長時間使うことができます。(男性/30代)

このように長時間使用しても疲れにくく、ナビと連動してハンドルのスイッチを使用できるので楽ですね。

なので、ハンドルの評判もとてもいいというのがわかります。

まとめ

ホンダのヴェゼルのハンドルについて紹介してきました。

ナビと連動したり、スイッチ機能によってハンドルを握っているだけで操作することができたりとてても便利です。

また、本革なので握りやすく、女性でも運転しやすいのでとても助かりますね。

ぜひ、試乗や購入でホンダヴェゼルのハンドルを体感してみてください。