車を購入する際、一定の流れを覚えておくことで、スムーズです。

また、不安も払拭できること間違いありません。

駐車場の確保もして万全に備えましょう。

では、車の購入手続きについて紹介していきます。

営業マンのペースに流されない~新車編~

まずは新車の場合です。

最初に車のことを詳しく知るためにカタログなどを取り寄せましょう。

そして、車について知ったり、オプションについて知りましょう。

さらにネットなどで値引き情報を手に入れます。

どのくらい値引きできるのか?どのくらい値引きしてもらっているのか?を知っておくことで、自分も車を購入するときにとても便利です。

オプションについて詳しく知りたい場合は事前にネットや雑誌などで調べておくことで、どのオプションを付けるべきなのか?も知ることができます。

契約時に必要な書類の解説、入手の仕方と注意事項!

このように事前に準備し、準備できたら契約に移りましょう。

必要書類としては

・印鑑証明書
・車庫証明書
・実印
・身分証明書
・契約書類(委任状、契約書)

これらが必要です。

また、印鑑証明書というのは実印を証明するための書類です。

役所に行けば登録することができ、300円登録料としてかかります。

発行から3ヶ月以内であれば、使用することができるので準備しておきましょう。

車庫証明書ですが、警察署で発行してもらうことができます。

これがなくては車を所有することができませんので、必ず準備しましょう。

駐車場を確保しよう!

車庫証明書を発行するためには駐車場が必要です。

駐車場は家を借りるのと同じ流れです。

身分証明書、収入証明書、契約書、認印があれば、契約できる場合がほとんどです。

駐車場も自宅から近い場所などをできるだけ選ぶようにしましょう。

全体の流れの確認~中古車編~

中古車も新車とは同じような流れになります。

しかし、覚えておくととても便利です。

まずは欲しい車の条件を設定します。

そして、欲しい車を探し、見つけたら、お問い合わせしましょう。

在庫確認し、在庫があれば、現車確認をしに行きます。

この時、同時に見積もりもお願いするといいでしょう。

見積もりして、値段交渉して納得がいったら、契約していきます。

必要書類を準備し、さらに車が納車されるまでの間、任意保険の契約もしておくといいでしょう。

そして、車の契約をしたら、金額を支払い、納車になります。

新車購入と似たような流れですね。

まとめ

車の購入手続きについて紹介してきました。

車の購入手続きは覚えておくと、スムーズに購入が進みます。

中古車と新車、どちらの流れもしっかりと覚えておきましょう。

ぜひ参考にしてみてください。