車をローンで購入する人も多いですよね。

ローンとなれば、金利が発生します。

どのくらいの金利なのでしょうか?

では、今回は車購入する際のローンについて紹介していきます。

自動車ローンの金利の相場はいくら?

一番知っておいてほしいのが金利の相場です。

金融機関によっても違いますが、上限が3~5%のところが多いようです。

また、ディーラの場合は少し設定が異なり、上限5~6%

残クレの場合は上限4~5%となっています。

何%が実際に適用になるかわかりません。

なので、上限額を目安にし、ローンの金利を比較するといいでしょう。

上限額が低いところを選ぶといいでしょう。

金利には固定金利と変動金利がありますが、固定金利のほうがオススメです。

固定金利は金利が固定されているため、リスクが少ないのです。

なので、上限額が小さい、固定金利を選ぶといいでしょう。

また、金利に保険料が含まれている場合と含まれていない場合があります。

含まれていない場合、金利+保険料で割高になることもあります。

なので、保険料をプラスした場合、どのくらいの金額になるのか?を把握しておきましょう。

そして、こまめにキャンペーンをチェックしておくといいでしょう。

金利キャンペーンをやっている場合、金利が下がることもあるのでそのタイミングでローンを組むのがオススメです。

ローンで注意するポイント

ローンを組む前にいくつか注意しなくてはならいことがあります。

まず、申し込み資格についてです。

金融機関の資格は細かく決まっており、年収や年齢などが関係してきます。

ディーラーは18歳以上であれば、ほとんどの場合問題ないでしょう。

車体価格以外のオプションや税金、リサイクル料などもローンに組み込まれてくるため、覚えておきましょう。

また、金融機関によって、限度額が違ってきます。

限度額を知っておき、どのくらいの車であれば、購入できるのか?を把握しておきましょう。

融資まで時間もかかるので余裕を持つことが大切ですね。

申し込みに必要なものは

・本人確認書類
・収入証明書
・資金使途確認書類

を覚えておきましょう。

金利以外に申請のために収入印紙代が必要になります。

金額によって変わってくるので確認しておきましょう。

まとめ

車の購入の際のローンについて紹介してきました。

車の購入の際、ローンには金利が発生します。

上限額が低い金利のローンを組むようにしましょう。

ぜひ参考にしてみてください。