車を購入する際、購入した後にどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

やはり、安く購入したい!という気持ちがあります。

また、維持費も安く収めたいですよね。

では、今回は車購入にかかる費用について紹介していきます。

新車の購入にかかる費用を知りたい

車の購入の際にかかる費用は様々です。

・車体本体
・オプション
・税金
・印紙代
・リサイクル税
・自賠責保険料

これらが主にかかってきます。

ホンダのNBOXとフィットを1例にして価格を見ていきましょう。

NBOX N-BOX G・L Honda SENSING

・車体本体 149万9,040円
・オプション
・税金 (重量税 2,500円 自動車税 10,800円 取得税 24,400円)
・リサイクル税 8,400円
・自賠責保険料 13,180円
(出典:HONDA NBOX N-BOX G・L Honda SENSING)

フィット HYBRID

・車体本体 169万9,920円
・オプション
・税金 (重量税 0円 自動車税 34,500円 取得税 9,000円)
・リサイクル税 8890円
・自賠責保険料 13,920円
(出典:HONDA フィット HYBRID)

中古車の購入にかかる費用を知りたい

中古車も新車の場合と同じ費用が発生します。

しかし、中古車の場合は年式によって違うため、税金が高くなってしまったりする場合もあるので事前に把握しておくことが必要です。

車を購入するときの節約ポイント

車を購入するときに節約できるポイントがあります。

では、そのポイントについて紹介していきます。

まずは登録費用、車庫証明費用はディーラーなどに依頼しなくても自分で行なうことができます。

自分でやったほうが安いので、自分でやると節約できます。

また、納車費用も値引き交渉が可能です。

相談してみるといいでしょう。

下取りも下取りしてもらうのではなく、買取してもらったほうが高価買取率が高いため、買取してもらうといいでしょう。

さらに国土交通省が定めた基準に達していれば、エコカー減税を受けることが可能です。

エコカー減税も見てみるといいでしょう。

車の維持にかかる費用

車を持つということは維持費用もかかってきます。

・税金
・保険
・走行費用
・整備、メンテナンス費用

この4つが主に発生する費用です。

税金はエコカー減税などを用いることで節約できますし、保険は特約を付けずに、夫婦限定割引やネット割引などを利用することで安く加入することもできますし、毎月の支払いも安くなります。

また、ガソリン代は安いタイミングに入れたり、低燃費走行を心がけて、安い費用で収められるようにしましょう。

整備やメンテナンス費用はどうしてもかかってしまうものなので、事前に把握しておき、貯蓄しておきましょう。

まとめ

車の購入費用について紹介してきました。

車は購入するときもしたあともお金がかかってしまいます。

事前に計画を立ててから購入するようにしましょう。

ぜひ参考にしてみてください。