車の購入には印鑑証明書が必要です。

新車の場合は特にです。

中古車の場合はどうなのでしょうか?

では、車購入に必要な印鑑証明書について紹介していきます。

中古車購入には印鑑証明が必要

そもそも、印鑑証明書というのは役所に実印を登録し、その実印の証明書のことを言います。

中古車であっても、車は自分の資産に入ります。

そのため、印鑑証明書を提示し、実印を押す必要があるのです。

しかし、場合によっては印鑑証明書が必要ない場合もあります。

軽自動車の場合、と名義がローン会社の場合です。

軽自動車の場合は資産という扱いにならないため、印鑑証明書は必要ありません。

ローン会社の名義になるため、印鑑証明書は必要ないのです。

印鑑証明書は発行から3ヶ月の有効期限があります。

使用する場合は発行から3ヶ月以内のものを使用しましょう。

印鑑証明発行までの流れ

印鑑証明書の発行までどのような流れになるのでしょうか?

では、印鑑証明書発行までの流れについて紹介していきます。

・実印の準備
・身分証明書の用意
・市区町村役場で印鑑登録
・印鑑証明を交付申請

このような流れになります。

実印の準備をし、身分証明書も準備しておきましょう。

そして、それらを持って役所に行きます。

そこで印鑑登録をします。

そして、印鑑証明書を交付してもらいましょう。

役所に行けば、大まかな手続き方法を教えてもらえるので安心してください。

他に印鑑証明が必要なものは?

印鑑証明書以外にも必要なことがいくつかあります。

普通車を現金で購入する場合、登録が必要になります。

この登録は登録費用が発生するため、販売店にお願いするよりも自分でやったほうが安く済むのでオススメです。

車の所有者を販売店やローン会社にする場合は印鑑証明書は不要です。

まとめ

車の購入の際に必要な印鑑証明書について紹介してきました。

印鑑証明書は普通車を購入する場合、重要になってきます。

なので、事前に登録しておいたほうがいいでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。