住民票は自分の住所地を証明し、筆頭者などを証明するための書類です。

身分証明書としても利用することが多々あります。

車購入でも必要になることがあります。

では、車購入で住民票が必要になるタイミングについて紹介していきます。

住民票が必要になるのはいつ?

どのようなタイミングで住民票が必要になるのでしょうか?

主に軽自動車を購入する時に必要になります。

普通車は印鑑証明書があれば、住民票は必要ありません。

その他にも、

・車庫証明の取得手続き
・一時抹消した車の新規登録
・軽自動車の名義変更
・自動車の住所変更手続き

この4つの場面で必要になります。

住民票で本人確認と住所確認をするので住所関係の変更や登録時に必要になります。

軽自動車を購入する時に必要な書類

軽自動車を購入する場合、必要な書類をきちんと準備しましょう。

・住民票
・印鑑
・自動車検査証
・自賠責保険証
・委任状

住民票以外にこの4つが必要になります。

なので、事前に準備しておきましょう。

住民票の取得方法

住民票の取得方法はとても簡単です。

役所に行き、申請書類を提出します。

認印、身分証明書を持っていきましょう。

手数料はかかりますが、これで発行してもらうことが可能です。

まとめ

車購入時の住民票について紹介してきました。

車購入の際、住民票が必要になることもあります。

なので、事前に何が必要か?を把握しておきましょう。

ぜひ参考にしてみてください。