車購入をするとなれば、書類を準備する必要があります。

必要書類が1つでもかけていれば、車を購入することができません。

なので、きちんと必要書類を準備しておきましょう。

では、今回は車購入の際の必要書類について紹介していきます。

車購入の契約に必要な書類を徹底解説

車購入の契約の際、必要な書類は中古車と新車であまり違いはありません。

なので、一通り必要な書類について紹介していきます。

・印鑑証明書
・実印
・委任状
・車庫証明書
・自賠責保険証

この5つが必要になります。

印鑑証明書と実印は新車の場合でも必ず必要です。

これで本人確認もし、資産としての認定もすることになるため必要なのです。

車庫証明書は警察から発行してもらうことになりますが、普通車の場合は駐車場を借りてから発行することが必要となります。

自賠責保険証は基本的に販売元が用意することになります。

委任状に関しては申請の全てを販売元にお願いする場合は必ず必要になります。

必要車類の取得方法

印鑑証明書などは役所に行って申請し、取得する必要があります。

また、車庫証明書は警察署で申請することで発行してもらえます。

後は販売元が用意してくれるので安心してください。

車を購入する一連の流れ

車を購入する場合、どのような流れで購入になるのでしょうか。

では、流れを紹介していきます。

・予算を決める
・欲しい車の優先順位付け
・販売店で購入

まずは予算を決めます。

予算に見合った商品を探しましょう。

この時、欲しい車を順位付けするといいでしょう。

そして、欲しい車が見つかったら、実際に販売店に行って、実物を見て、見積もりを取るといいでしょう。

価格は納得いくまで交渉するようにしましょう。

あとは契約し、購入するだけです。

まとめ

車の購入の際に必要な書類について紹介してきました。

必要書類を確認しておき、事前に準備しておきましょう。

準備できたら、購入しましょう。

ぜひ参考にしてみてください。