学生が車を購入するとなれば、親も反対することがあります。

親を説得するにしても、しっかりとした情報が必要です。

また、購入した後のことも考える必要があります。

では、学生の車購入について紹介していきます。

大学生が車を買う時にかかるコストの種類

学生が車を購入する際やした後、どのようなコストがかかるのでしょうか?

・購入費用
・ガソリン代
・維持費用
・自動車保険料

この4つの費用が最低でもかかってきます。

学生の場合、ローンが通ることがあまりないため、頭金をしっかりと用意しておくか、全額キャッシュで支払いしたほうがいいでしょう。

また、ガソリン代や維持費用、保険料などは後からかかる費用です。

これらの費用を計算しておき、計画立てておきましょう。

コストを安くする方法

上記で紹介したコストを安くするために、どのような方法があるのでしょうか?

では、いくつかの方法について紹介していきます。

まずは購入費用です。

購入費用は交渉することで値下げしてもらうことができます。

学生であることを話し、少しでも安くしてもらうといいでしょう。

ガソリン代はなるべく安い時に入れるようにし、燃費を配慮した走行をするようにするといいでしょう。

また、車検や整備費用などは事前にためておきましょう。

保険料はアルバイトなどで賄い、きちんと支払いをしておくことで、もしもの時に備えるようにしましょう。

大学生にオススメの車

大学生にオススメの車としてはNBOXフィット、ステップワゴンなどがあります。

NBOXは軽自動車なため、低燃費ですし、通学用にも最適です。

また、フィットはコンパクトでハイブリッド仕様もあるので、燃費も良くなっています。
(出典:HONDA FIT)
5人乗ることが可能なので、友達と遊びにいくのもいいでしょう。

ステップワゴンは大人数で遠出することができ、ハイブリッド車もあるのでエコカー減税もあり、税金も普通車にしては安く済みます。

購入費、維持費が安いものを購入しましょう。
(出典:HONDA ステップワゴン)

親を説得するために必要なこと

親を説得するために必要なことは支払いしていく覚悟をみせ、財源を確保しましょう。

そして、計画をしっかりと話するといいでしょう。

また、信頼する中古車を見つけ、実際に連れていくといいでしょう。

まとめ

学生の車購入について紹介してきました。

学生でも車購入できますが、車を購入する時、購入した後のことをしっかりと考える必要があります。

親の了承を得られるように計画を立ててみましょう。

ぜひ参考にしてみてください。