車を買い替えする場合、どのくらいの期間で買い替えしていますか?

他の人は買い替えするサイクルはどのくらいなのか?が気になりますよね。

また、買い替えする注意点も覚えておくといいでしょう。

では、車の買い替えサイクルについて紹介していきます。

車の買い替えサイクルはどれくらい?

車の平均保有期間は7年とされています。

故障するまで乗り続けるほうがお得なイメージがあるかもしれませんが、それは違います。

古い車は維持費が高くなり、税金も高くなります。

なので、故障するまで乗り続けるのはあまりよくないのです。

車は最大で10年は乗ることが可能です。

しかし、不具合も出てくるため、車検のタイミングを見て買い替えしたほうがいいでしょう。

買い換える時の注意点を紹介!

買い替えする際の注意点はなにがあるのでしょうか?

では、注意点について紹介していきます。

車を買い替える際は車検の後に売ったほうが高額に買取してもらうことができます。

しかし、その分車検代がかかっているのため、実際にお得か?と言われればそうではありません。

車検代と販売代を比較すると、車検代のほうが高額になることもあるため、車検を取る前に売ってしまったほうがいいでしょう。

車の買い替え年数は伸びている!

年齢層によっても買い替えする年数は違うので一概には言えませんが、車の買い替え年数は伸びているのです。

これはエコカー減税や消費税率によって買い替えするタイミングを計っていることが考えられます。

また、軽自動車税の改定が行われるため、そのタイミングで買い替えしようとしている人もいます。

まとめ

車の購入サイクルについて紹介してきました。

車の購入サイクルは車検のタイミングの人がほとんどです。

買い替えする際、車を売るときは車検の前に売る方がいい場合もあるので、考えて売るようにしましょう。

ぜひ参考にしてみてください。