エアガイドフィンとは聞きなれない言葉ですよね。

ホンダのS660に初めて搭載された機能です。

どのような役割があるのでしょうか?

では、エアガイドフィンについて紹介していきます。

エアガイドフィンとは

正面から入る風を狙った位置に導くものがエアガイドフィンです。

風の抵抗を少なくすることができるので走行面にとてもメリットがあります。

フロントバンパー部分に搭載されています。

エアガイドフィンの購入

エアガイドフィンはモデューロ Xに搭載されています。

なので、モデューロ Xのグレード購入することで手に入れることができます。

また、カラーは車体のカラーと同じです。

購入価格などはモデューロ Xの価格の中に含まれています。

ホンダ車でエアがエイドフィンが装着されている車種

エアガイドフィンはS660にのみ搭載されています。

フロントの空力性能を向上させる専用設計のグリル一体型フロントバンパーを採用しており、そのフロントバンパーの正面から入る風を狙った位置に導くエアガイドフィンというのがあります。

これは最新機能の装備です。
(出典:carmeets S660)

S660の購入

S660は3つのタイプがあります。

その中でもカスタムがされており、設計にもこだわっているモデューロ Xがオススメです。

価格は少し高めですが、他の車と差をつけるためにもオススメです。
(出典:HONDA S660 モデュ―ロX)

まとめ

エアガイドフィンについて紹介してきました。

S660に搭載されています。

フロントバンパー部分に搭載されており、空気抵抗のことを考えてあります。

モデューロ Xを購入して体感してみましょう。

ぜひ、参考にしてみてください。