最近は車に様々なカメラを搭載するようになってきました。

標準装備されつつあるドライブレコーダーが一般的です。

その中でもリアカメラを搭載する人もいます。

では、今回はリアカメラについて紹介していきます。

純正品のリアカメラ

ホンダでは純正オプションとしてリアカメラが搭載されています。

・リアカメラdeあんしんプラス
・リアカメラdeあんしんプラス2

リアカメラというのは車線変更するときや駐車場をバックで出るとき、車線をはみ出しそうになったときなど、リアワイドカメラの映像から危険を検知してくれます。

走行中のさまざまな危険回避をサポートします。

リアカメラ de あんしんプラス2(ダブルビュー)では、後退駐車サポートにも対応しており、機能別にオンオフしてくれます。

リアカメラの性能

リアカメラの性能はどのようなものがあるのでしょうか?

では、性能についてそれぞれ紹介していきます。

・後退駐車サポート
駐車の時に線を確認して、駐車をサポートしてくれる機能です。
(出典:HONDA 後退駐車サポート)

・後退出庫サポート
後退する際に障害物を検知して、警報で注意を促してくれます。
(出典:HONDA 後退出庫サポート)
・後方死角サポート
死角になりやすい後側の車両を検知し、警報で注意を促してくれます。
(出典:HONDA 後方死角サポート)
・車線キープサポート
道路の車線を把握して、方向指示器を出さずに車線を出てしまえば、警報で注意を促してくれます。
(出典:HONDA 車線キープサポート)
このような機能が搭載されています。

安全面を確保するために搭載しておいたほうがいいアイテムです。

リアカメラ対応車種

車種によって、リアカメラが対応しているのとしていないのがあります。

では、対応車種について紹介していきます。

リアカメラdeあんしんプラス

・オデッセイ
・ジェイド
・シャトル
・フィット
・フリード

リアカメラdeあんしんプラス2

・ヴェゼル
・オデッセイ
・ジェイド
・シャトル
・ステップワゴン
・フィット
・フリード

このように対応車種が限られています。

それぞれ搭載できるものも違うので確認してみましょう。

合わせて購入したいアクセサリー

リアカメラ以外にもアクセサリーが様々あります。

では、合わせて購入したほうがいいアクセサリーを紹介していきます。

・フロントカメラ
左右の見通しが悪い場所でも安心してクルマを前に出すことができます。

安全確認ができるのでオススメです。

・リアワイドカメラ
障害物の確認や、幅寄せをサポートしてくれます。

また、これを搭載すれば後退時は安心です。

・コーナーカメラ
傷つけやすい左フロントコーナーの様子がよく分かるから安心して運転することができます。

駐車も楽々ですね。

・ドライブレコーダー
ドライブレコーダーは運転中の様子を録画できます。

事故の際は証拠にもなるのでオススメです。

このようにリアカメラが以外にも安全性を高めるために他のカメラを搭載してもいいでしょう。

まとめ

リアカメラについて紹介してきました。

リアカメラは対応車種があります。

安全面を向上させることができるので対応車種を確認して搭載しましょう。

他のアイテムを搭載して安全面を向上させてもいいでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!