ホンダの福祉車両はいくつか種類があります。

用途によって、選ぶといいでしょう。

また、試乗したい場合も専門のディーラーがあるのでオススメです。

では、今回はホンダの福祉車両について紹介していきます。

ホンダの福祉車両とは

ホンダの福祉車両にはいくつかの種類があり、タイプがあります。

では、それぞれ紹介していきます。

・車椅子仕様車
・リアリフトアップシート車
・助手席リフトアップシート車
・助手席回転シート仕様車
・運転補助装置(足)
・運転補助装置(手)

この6種類です。

主に車椅子や杖を活用する人にオススメなのが

・車椅子仕様車
・リアリフトアップシート車
・助手席リフトアップシート車

この3つです。

3種類の特徴

上記での3つの車種の特徴はどのようになっているのでしょうか?

では、それぞれ紹介していきます。

・車椅子仕様車
・リアリフトアップシート車
・助手席リフトアップシート車

車椅子仕様車は車椅子のまま車に乗ることができます。

また、乗った後も固定することができるので安心ですね。

リフトアップシート車は後部座席に車椅子の人や杖の人でも乗りやすいように席をリモコン操作することができます。

これは助手席リフトアップシート車も同様です。

どれがいいのか?というのは使用者によって決めるといいでしょう。

どの車種に搭載されている

この3車種はそれぞれどの車種に搭載されているのでしょうか?

では、それぞれ車種を紹介していきます。

・車椅子仕様車
NBOX、フリード+、ステップワゴン
(出典:HONDA NBOX)

・サイドリフトアップシート車
ステップワゴン、オデッセイ、フリード
(出典:HONDA ステップワゴン)

・助手席リフトアップシート車
フリード、ステップワゴン、オデッセイ
(出典:HONDA フリード)

どれが良いか分からない時は

どれがいいかわからない!なんてこともありますよね。

そんなときはオレンジディーラーに行きましょう。

オレンジディーラーは試乗もできますし、専門的な知識も豊富なので通常のディーラーよりもオススメです。
(出典:オレンジディーラー)

まとめ

ホンダの福祉車両について紹介してきました。

ホンダの福祉車両は全部で6つあります。

その中でも3つが車椅子や杖の人にオススメです。

オレンジディーラーにまずは相談に行きましょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

信頼できるディーラーを見つけるためには


自動車は、人生のうちで最も高い買い物の一つです。また、購入後もメンテナンスをしなければ安全に走ることができません。

そのとき大事なのが、購入後も安心してメンテナンスを依頼できたり、この人なら安心して相談できる!というディーラーさんを見つけることです。

「ディーラーに行ったら必ず購入しなければいけないのではないか」
「お話を聞きに行くだけでも営業されてしまうのではないか」と心配される方も多いと思います。

ホンダ情報.comは、ホンダ車に特化しているため、他社のサービスと比べてもディーラーさんと高い信頼関係を構築しております。

そのため、お客様へのヒアリングや各ディーラの特徴などをもとに最適なディーラを複数ご紹介することが出来ます。

どのディーラーがよいのかわからない方や購入に興味がある方は是非、弊社サービスをご利用してみてください!