S660でドライブも楽しいでしょう。

また、子どもを乗せてドライブもオススメです。

子どもを乗せる場合はチャイルドシートが必須です。

では、今回はS660のチャイルドシートについて紹介していきます。

S660はどんな車?

S660はそもそも、どのような車なのでしょうか?

車についても知っておくことでチャイルドシートはどこにつければいいのか?なども知ることができます。

では、S660について紹介していきます。

S660はツーシーターの車です。

さらにスポーツカーで軽自動車タイプになっています。

スポーツカーで軽自動車というのはイメージがあまりないかもしれませんが、軽量化されており、パワーも普通のスポーツカーと同じようにあるのでオススメの車種です。

安全性能にも優れており、

・シティーブレーキアクティブシステム
・LEDヘッドライト(ロービーム)
・エマージェンシーストップシグナル
・VSA(ABS + TCS + 横すべり抑制)
・ヒルスタートアシスト機能
・衝突安全設計ボディー
・エアバック

これらの機能が備わっているので子どもも安心して乗せることが可能です。

ホンダにチャイルドシートが販売されている

ホンダにも専用のチャイルドシートが販売されています。

販売されているチャイルドシートは乳幼児用学童用があります。

しかし、S660のオプションとして販売されているのは学童用のチャイルドシートになります。

学童用は基本的に使用できる年齢が決まっているので確認してから購入したほうがいいでしょう。
(出典:HONDA S660 学童用チャイルドシート)

チャイルドシートの適応検索

チャイルドシートが車種に取り付けできるのか?年齢的に合っているのか?を確認してから、装着する必要があります。

では、適応の検索方法について紹介していきます。

ネットで車種から検索可能するのが一番簡単です。

ネットで「S660 適応チャイルドシート」と検索するとヒットするでしょう。
(出典:HONDA チャイルドシート )

また、固定方法を検索してもいいでしょう。

チャイルドシートをどのように固定するのか?どのように固定できるものがいいのか?というのからも検索してみましょう。

さらにチャイルドシートは年齢や体重によっても種類が違ってきます。

なので、年齢や体重から検索してもいいでしょう。

子どもに合ったチャイルドシートを見つけることができます。

チャイルドシートをS660に取り付ける時は

チャイルドシートを装着する時は、いくつかの注意点に気をつけましょう。

その注意点というのは車やチャイルドシートの種類によって違ってきます。

例えば、固定の仕方やチャイルドシートの位置などをしっかりと確認しておかなくては、何かあった時に困ってしまうので注意するようにしましょう。

まとめ

S660のチャイルドシートについて紹介してきました。

S660には学童用の専用チャイルドシートがオプションとしてあります。

注意点に気を付けて装着するといいでしょう。

子どもとドライブを楽しみましょう。

ぜひ、参考にしてみてください。