S660は軽自動車のスポーツカーです。

とても人気があります。

それは性能面にも優れているためです。

では、今回はS660の燃費性能について紹介していきます。

S660の性能

S660には様々な優れた性能があります。

では、性能を紹介していきます。

安全性能

・シティーブレーキアクティブシステム
・LEDヘッドライト(ロービーム)
・エマージェンシーストップシグナル
・VSA(ABS + TCS + 横すべり抑制)
・ヒルスタートアシスト機能
・衝突安全設計ボディー
・エアバックシステム

走行性能

・S07型エンジン
・冷却性能
・痛快なスポーツサウンド
・軽初の6速マニュアルトランスミッション
・CVTとパドルシフト
・SPORTモード
・軽初のアジャイルハンドリングアシスト
・専用タイヤ
・4輪独立サスペンション
・大径ディスクブレーキ

環境性能

・平成27年度燃費基準+10%達成車
・平成27年度燃費基準達成車
・平成17年度排出ガス基準75%低減レベル

それぞれにこのような性能があります。
(出典:HONDA S660 燃費性能)

S660の燃費性能をホンダ車と比較

燃費の性能も気になりますよね。

では、ホンダ車と燃費性能を比較して紹介していきます。

まずはエンジンが同じNシリーズです。

NBOXはi-VTECエンジン27km/Lで、ターボエンジンで25.6km/Lです。

同じスポーツカーのNSXは12.4km/Lとなっています。

S660は燃費がCVTであれば、24.6km/Lなのでスポーツカーにしては燃費がとてもいいです。

さらに軽自動車のため、燃費がいいと言えますね。

他車と比較

コペンと比較するとどうなのでしょうか?

では、コペンとの燃費の違いについて紹介していきます。
(出典:ダイハツ コペン )

コペンはCVTで25.2km/L、5MTで22.2km/Lとなっています。

S660とは1km/Lほどの違いがあります。

しかし、S660は6速マニュアルトランスミッションですし、パドルシフトが搭載されているため、燃費が少し悪いのです。

機能面ではもちろん優れていますし、たった1km/Lなので乗り方によっては、S660の燃費のほうがいいかもしれませんね。

まとめ

S660の燃費性能について紹介してきました。

他の性能も素晴らしいものばかりです。

軽自動車でスポーツカーでありながら、20km/L以上の燃費を実現しているのは素晴らしいです。

機能もたくさんついており、軽自動車初の機能も搭載されています。

ぜひ、参考にしてみてください。