S660はスポーツカーで軽自動車です。

そのため、エンジンだけでなく、走行面もしっかりと考えられてます。

コーナリングが特に評判があります。

では、今回はS660の走行性について紹介していきます。

S660の走行性能

S660には軽自動車で初めての6速マニュアルトランスミッションが搭載されています。

そのため、加速を楽しめるだけでなく、6速化することによって、高速の時のコーナリングも快適なのです。

また、CVTにはパドルシフトが搭載されており、MTと同じような走りを楽しむことができるのです。

さらにモードも搭載されており、SPORTスイッチを押すだけで2つのモードにチェンジが可能です。
(出典:HONDA S660 SPORTスイッチ)

CVTの場合のみに搭載されており、ONにすることでより素早いアクセルペダル操作にも応えるレスポンスを得ることができます。

S660のコーナリングが滑らかな理由

S660はコーナリングが優れています。

では、その理由について紹介していきます。

軽自動車で初めてのアジャイルハンドリングアシストが搭載されています。

これはブレーキを制御して、旋回に入る時や旋回中のライントレース性をより高めるハンドリング支援システムになっています。

さらに前後異径専用タイヤYOKOHAMA ADVAN NEOVA®AD08Rが搭載されており、S660のことを考えて作られたタイヤです。

フロントに対して、リアは余裕あるサイズとにして、路面に食らいつく強力なグリップ力を持っています。

ホイールも軽量・高剛性を追求しているのでコーナリングも快適なのです。
(出典:YOKOHAMA ADVAN NEOVA® AD08R)

それだけでなく、4輪独立懸架サスペンションも搭載されています。

走行状況に応じて、トー、キャンバー性能を獲得しています。

専用タイヤの性能を生かすことができるように、ダンパーセッティングも入念です。

リアサブフレームは軽量・高剛性を追求し、軽で初めてアルミ化を実現しています。

旋回時の安定感もあります。

前後φ260mm大径ディスクブレーキも搭載されており、コントロールしやすい設計になっています。

アジャイルハンドリングアシストとは

アジャイルハンドリングアシストは軽自動車で初めて搭載された機能です。

コーナリングではどうしても膨らんでしまったり、思うような走行ができなかったのですが、ハンドリング支援を付けることで、コーナリングもサポートしてくれ、思ったようなコーナリング走行が可能です。

ハンドリング、ブレーキ共に支援してくれます。
(出典:アジャイルハンドリングアシスト )

まとめ

S660の走行性能について紹介してきました。

S660の走行性能は専用機能によって、パワーアップしています。

そして、コーナリングでも様々な機能によって、快適な走行をすることができるのです。

アジャイルハンドリングアシストも軽自動車で初めて搭載され、快適なコーナリングを実現しています。

ぜひ、参考にしてみてください。