クラリティの安全性能も優れています。

レーダーやモニターがその役割を果たしているのです。

Honda SENSINGがその機能です。

では、今回はクラリティの安全性能について紹介していきます。

クラリティの安全性を高めるホンダセンシング

クラリティの安全性を高めてくれるのがHonda SENSINGです。

予防安全性能の1つとしてあります。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付きACC
・LKAS
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能

これらの機能がHonda SENSINGには装備されているのです。
(出典:HONDA クラリティ Honda SENSING)

レーダーの働く場面

その中でもレーダーが活躍しているのが

・衝突回避
・路外逸脱
・標識確認

この3つです。

レーダーで範囲をみて、どこに何があるのか?を見つけてくれます。

車線を判断したり、標識を判断したり、対象物を判断してくれる機能がレーダーにはあるのです。
(出典:HONDA クラリティ Honda SENSING)

ホンダセンシングが装備されている車

Honda SENSINGはどの車種に装備されているのでしょうか?

では、それぞれ紹介していきます。

軽自動車はNシリーズです。

セダンはクラリティです。

ワゴンはステップワゴンです。

コンパクトカーはフリードになります。

まとめ

クラリティの安全性能について紹介してきました。

クラリティの安全性能として、Honda SENSINGが搭載されています。

レーダーは対象物をしっかりと把握してくれるのです。

様々な車種に搭載されているのでチェックしてみましょう。

ぜひ、参考にしてみてください。