クラリティには安全性能として、Honda SENSINGが搭載されています。

このHonda SENSINGはどのような機能なのでしょうか?

また、他に搭載されている車種はあるのでしょうか?

では、今回はクラリティのHonda SENSINGについて紹介していきます。

ホンダセンシング機能とは

Honda SENSINGはセンサーとモニターで安全運転をサポートしてくれます。

衝突した後の安全性能ではなく、予防のための安全性能になっています。

とても優れている安全性能です。

機能を解説

そんなHonda SENSINGの機能はどのようなものがあるのでしょうか?

では、それぞれ紹介していきます。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付きACC
・LKAS
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能

これらの機能が装備されています。

衝突を察知したら、警報とともにブレーキをかけて軽減してくれるのです。

さらに誤発進しないようにブレーキもかけてくれます。

歩行者への配慮もかけていません。

車線をはみ出した場合などは警報で知らせてくれたり、ハンドル操作もしてくれます。

渋滞の際は前の車に追従してくれるのです。

前の車が発進した際も警報でお知らせしてくれます。

標識を認識までしてくれるので半自動運転に近いですね。

ホンダセンシング標準装備車種

Honda SENSINGが搭載されている車種はどのようなものがあるのでしょうか?

では、それぞれの車種を紹介していきます。

軽自動車ではNシリーズに搭載されています。

セダンではクラリティですね。
(出典:HONDA クラリティ)

コンパクトカーはフリード
(出典:HONDA フリード)

ワゴンはステップワゴンです。
(出典:HONDA ステップワゴン)

まとめ

Honda SENSINGについて紹介してきました。

とても素晴らしい安全性能です。

予防した安全性能になっています。

標準で装備されているので安心ですね。

ぜひ、参考にしてみてください。
(出典:Honda SENSING)