クラリティは次世代HYBRID車です。

とても人気があり、ホンダもクラリティに力を入れています。

セダン初の機能も搭載しています。

では、今回はクラリティのタイプとリアエアカーテンダクトについて紹介していきます。

クラリティのタイプと価格

まずはクラリティのタイプと価格についてです。

では、タイプ別に価格を紹介していきます。

・クラリティPHEV
・クラリティFULLCELL

この2つがあります。

クラリティPHEVは5,880,660円で購入することができます。

クラリティFULLCELLは7,672,320円で購入することができます。

クラリティPHEVとは

クラリティPHEVは電気とガソリンで走行する車のことです。

この2つを使用し走行するため、EV走行の場合は114km走行することができ、燃費も28.0km/Lと低燃費になっています。

次世代の車ですね。
(出典:HONDA クラリティ)

クラリティFULLCELLとは

一方のクラリティFULLCELLは水素を燃料に走行しています。

水素を電気にし、それをパワーに走行しているのです。

また、ガソリンと同じパワーで走行することができるという魅力もありますし、CO2の排出はせず、水のみの排出なので環境にも優しいのです。

4ドアセダン初のリアエアカーテンダクト

リアドアの下の部分にエアカーテンダクトを装備しています。

そのエアカーテンダクトを通った空気が、リヤタイヤホイールハウスから発生する気流の乱れを防いでくれます。

4ドアセダンに初めて搭載された装備です。
(出典:HONDA クラリティ エアカーテン)

まとめ

クラリティのリアエアカーテンダクトについて紹介してきました。

リアエアカーテンダクトは空気抵抗を減らしてくれるのです。

クラリティのどのタイプにも装備されています。

実際に乗って確認したほうが一番いいでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。