クラリティには6つのカラーがあります。

その中で定番なのが白ですよね。

インテリアやエクステリアを統一するのもいいでしょう。

では、今回はクラリティの白について紹介していきます。

クラリティ―のカラー

クラリティはボディカラーとインテリアカラーがあります。

では、それぞれ紹介していきます。

ボディカラー

・プラチナホワイトパール
・プレミアムディープロッソパール
・コバルトブルーパール
・スーパープラチナメタリック
・モダンスティールメタリック
・クリスタルブラックパール

インテリアカラー

・ホワイトアイボリー
・ブラック

これらのカラーがあります。

ボディカラーにもインテリアカラーにも白がありますね。

インテリアもエクステリアも白で統一

インテリアもエクステリアも白で統一するのがいいでしょう。

+料金はボディカラーの43,200円のみになります。

インテリアカラーを変更しても+料金は発生しません。

やはり、高級感で清潔感がでるのでオススメのカラーです。

デメリットもあり、白なので汚れがついてしまうと目立ってしまいます。

それを踏まえて、どのカラーにするか?を決めるといいでしょう。
(出典:HONDA クラリティ プラチナホワイトパール)

白統一する際のおすすめアイテム

白で統一する際はシートカバーを利用しましょう。

シートカバーで汚れを防止することができます。

さらに外装にはコーティングをしておいたほうがいいでしょう。

汚れや傷などを予防することができます。
(出典:HONDA クラリティ シートカバー)

まとめ

クラリティの白について紹介してきました。

白は清潔感があり、とてもオススメのカラーです。

しかし、汚れが目立つというデメリットもあります。

なので、しっかりと対策するようにしましょう。

ぜひ、参考にしてみてください。