クラリティだけに限らず、車を購入する際はカラーが気になりますよね。

ボディカラー、インテリアカラーなど今は豊富にあります。

それにオプションをつけてもおしゃれになります。

では、今回はクラリティの赤について紹介していきます。

クラリティのボディーカラーと価格変動

クラリティには6つのボディカラーがあります。

・プラチナホワイトパール
・プレミアムディープロッソパール
・コバルトブルーパール
・スーパープラチナメタリック
・モダンスティールメタリック
・クリスタルブラックパール

のカラーです。

・プラチナホワイトパール
・プレミアムディープロッソパール
・スーパープラチナメタリック

この3カラーは+料金が発生してきます。

赤はプレミアムディープロッソパールという名前です。

クラリティーのインテリアカラー

クラリティには2つのインテリアカラーがあります。

・ホワイトアイボリー
・ブラック

この2カラーです。

+料金はかからないので好きなカラーを選んでください。

おすすめのイメージとカラー

それぞれのカラーにイメージがあります。

では、カラーごとのイメージを紹介していきます。

おしゃれ感アップはです。

やはり、他にはないカラーですし、人目をひくのにオススメです。

ベーシックなら黒か白ですね。

スタンダードなカラーと言えます。

カタログモデルは青か白です。

やはり、ぱっと見見栄えがいいのは青ではないでしょうか?

高級感を出すならシルバーです。

シルバーは大人が乗っても違和感がなく、大人っぽく、高級に乗ることができます。

渋い雰囲気を出すならグレーになります。

年配の方が乗っても特にイメージが崩れることはありません。

おしゃれ感がアップするエクステリアとインテリア

おしゃれ感がアップするオプションを装備するといいでしょう。

では、エクステリアとインテリアをそれぞれ紹介していきます。

エクステリアではドアロアガーニッシュがオススメです。

スタイリッシュでおしゃれな印象を与えることができます。
(出典:HONDA クラリティ ドアロアガーニッシュ)

インテリアではサイドステップガーニッシュです。

やはり、足元にワンポイントはかっこいいですし、おしゃれですよね。
(出典:HONDA クラリティ サイドステップガーニッシュ)

まとめ

クラリティの赤について紹介してきました。

オシャレなカラーで、他の車と差を付けることができます。

また、オプションを付けてさらにおしゃれにしてもいいでしょう。

どのカラーも素敵なので、赤以外にもチェックしてみてください。

ぜひ、参考にしてみてください。